北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

メンテナンスで。

関東での個展出張も

何度も行っているので

楽勝気分でいましたが、


ここのところ、個展&オーダー締め切りスケジュールがタイトだった事もあり、


特に東京都内の常宿、


エコノミーな宿の
エコノミーなベッドがきつい年頃になってきたのでしょうか


そんな不経済な身体になってはいけない‼︎



と、朝チャリを自粛して散歩に切り替え、

かかりつけの接骨院でビビビッ〜とメンテナンス‼︎

メンテナンスで、、、

もうしばらく、エコノミー対応かつ無理のきく身体へ!!!



20170620IMG_5791 (2)_400_300

スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 21:29:21|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   工房併設、展示スペースを改装。


09 (2)_400_267

江別の仕事場に併設している作品展示販売スペース。




20111120作陶展 004_400_267

工房に併設している展示場を改装しました。

ここには棚をつけて、ここには〜、と

イメージはあったものの、

工房&展示場を建てた頃からほとんど手つかずの状態でした。





前の作業場から、今の工房へ移転することが決まって、
先ずは 工房の作業場の方を優先。


外側(外壁)と水道、配線等は業者にお願いし、

中で、作業に関するあれこれ、

テーブルや作業台、業務用流しの設置、その他諸々の道具を2ヶ月くらいかけて作りました。

とりあえず制作が出来る状態にすることが最優先。






数年たって、個展のペースなどが

落ち着いてから、

ここに乾燥棚が欲しい、ここには大物用の作品棚、教室電動ロクロスペースと

毎年少しずつ作り足していきました。



工房の制作環境の改善は作業効率のアップに繋がるので

ガンガン作っていきたいのですが、

その間、実際の制作はストップする事になるので

1度に全に手をつけるという訳にはいきません。




展示場も大切な事は充分承知していたのですが、、、

やりはじたら、嫌いじゃない大工仕事、

納得いくまでやってしまします。笑







「今入っているスケジュールだと、向こう2年位は、展示場の改装に手をつけられないですね〜」と

たまたま来ていたHさんに何気なく話していると、



「やってあげるよ」


とこの事!!!!


えっ!!!



そう言えば Hさん は

リタイアされた後、知り合いのお家の棚や収納スペースをつくられているのでした。




折しも、ジョイフルAKが江別市内、

それも とっても近くにオープンして、とびきり リーズナブルな集成材 が開店セールのチラシに‼︎



タイミングが良かったのですね。


そして、一番何とかしたかったのは、在庫作品の収納。

展示台下のスペース。



在庫作品が制作用の乾燥棚まで溢れて困っていたのを改善できた事です。



この点が改善された事で、


在庫管理がしっかりできて、
オーダー制作にも迅速に対応‼︎




という風にはいかないと思いますが

(やはり在庫切れが多く、オーダーにはサンプル制作も含めて時間が〜)

一歩づつ改善、改善!!です。


   ** 工房併設の展示場  “あゆ藤” は不定休です。
       平日はほぼ 作業場で制作していますが 
       打ち合わせや私用で外出していることもあります。

       お手数ですが 事前に確認の上ご来場お願いします
         電話 011-381-1611 
         https://www.facebook.com/tomohiro.kitagawa.102 
         https://www.instagram.com/tomohiro_kitagawa/




20170520IMG_5332 (2)_350_262


20170520IMG_5373 (2)_400_300

20170520IMG_5380 (2)_400_300



20170520IMG_5379 (3)_400_285



  1. 2017/06/25(日) 05:48:28|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

       前向き‼に解釈。



本日は、お待たせしていた、札幌 味百仙さんに無事納品 ‼︎

刺身盛り合わせ用の長皿&小鉢。

20160901作品画像 07700webdai

20170624IMG_5833 (2)_400_301


大将曰く、

「やっと刺身の皿がない足りない〜って
慌てなくてすむわ」

とチクッとしたコメントも

そう言っていただきありがたや〜


と、前向きに解釈、笑

“本日の刺身盛り合わせ”  用に ガンガン皿を働かせて下さい‼︎ 
  
           (ちなみに長皿の最初の1枚=サンプルは1年ほど孤軍奮闘!!その様子は こちら )



そして、更にありがたい事に
小皿の宿題も♬

またまた制作に励みます‼︎
時間、、、少しだけ多めに下さい‼︎



   
  1. 2017/06/23(金) 22:15:25|
  2. 食の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御礼。



お陰様で

ギャラリーおかりやさんでの個展

無事会期を終える事が出来ました。

昨年の池袋、今年は銀座と
都内では初めての会場での個展開催が続きました。

「入口がわからなくて、何十年ぶり、

すっかり銀ブラ⁉︎して来たよ〜」というお客様も。




場所を探し探し、足を運んでいただいた皆様、

本当にありがとうございました。


今回の会場は都内でやらせていただいた個展としては、今までになく広いスペース。



どうなる事かと緊張感を持って挑んだ個展でしたが、

多くの方に足を運んで頂き、充実した会期を過ごす事が出来ました。



お陰様で、いずれ次回のご案内もできると思います!!


これから、津軽海峡を渡り、江別に戻って、

少し身体のケアをした後、再び制作に励みます!



取り急ぎ御礼申し上げます。







20170601作品画像3
  1. 2017/06/13(火) 10:25:28|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

垂撥、少しの遊びを。


掛け花入の垂撥(背板)は

北海道の木工家 村木昭彦 さんにお願いして

作っていただいています。



掛け花入 と合わせて 垂撥も、と

あわせて、もとめて頂く場合も多く、



数年前に作っていただいた分が

かなり嫁いだ事もあり、

今回あらたにお願いする事になりました。



木は 栗、栓、楡などです。


掛け花入や花材に合わせて

掛ける場所を変えることができる機能はそのまま。



今までは、
形を かっちり仕上げていただいていたのですが、

「今回、少し遊びを、、!!」

という、私のリクエストに答えていただきました。



木肌を残した垂撥は栓の木、

虫食い状の肌を仕上げて頂いたのは栗の木です。


個展も残り3日、

会場でお待ちしています。




会期 6月7日(水)〜6月12日(火)
場所 ギャラリーおかりや
東京都中央区銀座4-3-5 銀座AHビルB2F
http://www.g-okariya.co.jp/gallery.html
時間 11:00〜19:00(最終日17:00閉場)


20170606作品画像垂撥1


20170606作品画像2
  1. 2017/06/09(金) 09:58:19|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ