北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      桜の彫文様。

20170119_400_499IMG_4938 (2

桜の彫文様の鉢(桜鉢)の制作では、

5種類の刃先の道具を使っています。



花弁が層に重なっている場合は、
花弁の彫り方を変えて、

奥行き感や華やかな感じが出ればと、思っています。



桜を文様として、彫り始めてから、かれこれ10年近く経つと思います。


きっかけは工房の前に咲いていた隣の家の山桜。

それと、家の前に勝手に生えてきた芝桜。(笑)



北海道に移ってきた時、

生まれて、幼い頃を過ごした土地ということで、
冬の暮らしなんかも、

もう余裕で大丈夫!!という感覚で戻ってきたのですが、



実際暮らし初めて見ると、

寒さや除雪の手間、
寒さが厳しくなるにつれて上がっていく灯油価格など、

思いのほか冬の暮らしが厳しかった。




高校までは暮らしていたといっても、子供として、守られいたんですね。

ところが、移って来た時は、家族の安全を守る立場になったという、
立場の変化が大きいと思います。



そうして、冬を無事に越すと本当にホッとします。



もっとも、40年前はもっと冬を越すのに今とは比べ物にならないほど
手間がかかったリ、大変だったのでしょうが。




工房の前の桜が咲く5月初旬、

工房辺りでは、もうさすがに雪かきの心配はしなくていい。
(峠はまだ吹雪いたりしますが、)


そんな、冬を越えた、ホッコリとした感じを、器に落とし込めれば、と。




桜の彫は、初期の頃から、少しづつマイナーチェンジしています。

集中して彫っても一日に数を彫れないのですが

もう少し、、
こうしたほうが、、よくなるのでは、、、

との繰り返しです。



20170118_430_430IMG_4932



北海道どさんこプラザ札幌店に出展しています
  場所  JR札幌駅西通り北口 「北海道さっぽろ[食と観光]情報館(愛称:キタベル)」内
  会期 11月上旬~2017年4月下旬

◇第63回日本伝統工芸展 仙台巡回展に出品しています
  会場  仙台三越 
  会期 1月25日(水)~1月30日(月)

日本陶磁協会賞 受賞作家展
  会場 和光・銀座本館
  会期 2月1日(水)~2月14日(火)
  
  ※会期中、会場にて出品作家によるギャラリートークを予定しています。
   2月4日(土) 14:00~  日本陶磁協会 現代陶芸奨励賞 北海道展 受賞作家5名



スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 10:38:32|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペインと市松文様。



5年ほど前、


どうしてもサグラダファミリアが観たくて


スペインを旅した際、

もちろん、ガウディはとても良かったのですが、




たまたまみた、アルハンブラ宮殿など中世イスラム建築。

その精緻な 幾何学文様 に 圧倒されながらも



(北川の御先祖様はお寺に眠っているので、宗教としてではなく、あくまでも文様として)



ある種の心地良さを感じました。






それから数年経って、


白磁の角皿に幾何学的な彫り文様を

と考えて、


色々試してみて、


その過程で、

流氷文様などが出てきたんですが、

市松文様(石畳文様)も、デザインとして伸びていくかも、と思いました。





そんな時に


東京オリンピックのエンブレムの再選考が話題になって、


最初に候補 作品をテレビで見たときに、


あっ、市松がある、と。



たまたま一緒にみていた中学生の娘が


「父さんどれがいいと思う?」


私「1番左の紺色の」

娘「いやいや、それだけはないでしょ」


数日後、

娘vs父の予想勝負は父の勝利に終わって、


渾身のドヤ顔をプレゼントしてあげました。




話はそれましたね。


2020年に向けて、


勝手に市松に追い風が吹いている⁉︎気分で、

もちろん、しっかり彫り込んだ市松文様の角皿。





会期も3日目。

あら、これねっ、、、と

会場で見つけて頂けたら幸いです^_−☆‼︎








20160901作品画像 09400webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/10(土) 07:47:43|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃白磁の彫り。


白磁と桃白磁の彫りを比較します。

私の場合、
白磁作品の彫り文様は
素地を L字型の“カンナ”と呼んでいる刃物で
彫ります。
そうすると彫った部分に釉薬が厚くたまるようになり、
彫りが深く釉薬の層が厚いほど青みが増します。


桃白磁の場合は
桃色の文様を描いているのではありません。

先の尖った刃物で線を彫り
そこに 桃色のもと となる金属を埋め込みます。

もと というのは、その金属が桃色をしているのではなく

金属と後から施した釉薬の成分が焼成で反応して
桃色を発色します。


いろいろ試してみると、

線を交差させると反応して滲むように発色する事がわかりました。

なので、桃白磁作品は 彫った線が交差している文様が比較的多いです。


焼成により、反応して発色するという、この技法の特徴というのもあると思いますが

発色が今のところとても不安定ですf^_^;)



もちろん、取り組み初めてまだ数年と経験の浅さも影響していると思いますが

イメージ通り発色するかは、

焼いてみないとわからない‼︎



なんとも “やきもの” ならではの

作り手にとってはドキドキする工程を経ることになります。




桃白磁菱繋ぎ雪文角皿(中)

桃白磁菱市松文角皿(中)

image2



桃白磁菱繋文フリーカップ(小)

20160901作品画像 04800webdai


桃白磁菱繋文ぐい呑み

20160901作品画像 04600webdai



桃白磁菱繋雪文角皿(中)

image3



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)



  1. 2016/09/07(水) 08:06:46|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

      桃白磁マグカップ。 4点。

しばらく欠品状態が続いていた

マグカップ 焼きあがりました。

お問合せがあったのですが、申し訳ありませんでした。



マグカップは磁器を作り始めた頃からの定番で

作り続けているのですが


カタチは、

微妙に変わってきていると思います。


もっと、、

シンプルで、いい感じのラインにならないかな、

と考えながら制作しています。



桃白磁 菱繋文 マグカップ。 


新作です。
4点連とれました。(少なくて、すみません(汗))

白磁マグカップも数点、連れていきます!!

20160901作品画像 13700webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/04(日) 09:13:25|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     個展に向けて。


すっかりブログでの更新が滞ってしまいました。


個展に向けて焼いています。

というか、焼きました。


焼いている途中には

北海道に何度も台風が到来しました。

ただ、作業に追われていたため、

曜日の認識が、、、

IMG_360100webdai

大丈夫ですか~

というメールをいただきました。


江別は大丈夫です。


ですが北海道の、十勝、道東などなど

深刻な被害が報告されています。


私がかつて暮した街もひどいことになっています。

被災された皆様には、少しでも状況が良い方向にいきますように。







IMG_360000webdai


夏の窯焚きは 暑いというより 熱いです(*σ´Д`*)

焼きあがってきた作品などなど、これから紹介しますね。



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)





  1. 2016/09/03(土) 22:31:36|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ