北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      焼くたびに。

桃白磁の制作に問題が出て(以前のブログ)、


釉薬の再テストをしながら


制作の部分、釉薬の組成、焼成に関して、、

問題を起こす原因と思われる部分を
ひとつひとつつぶしていきながら


焼く度に少しづつ出品できる作品を増やせるように。


まだ、桃色の濃さに関しては、焼いてみないとわからない
でたとこ勝負の状態で
コントロールは出来ていませんが

失敗も含めて、焼くたびに経験値は増しています。





北川智浩 作陶展
5月24日(火)~30日(月)
札幌三越 本館9階 三越ギャラリー




桃白磁ぐい呑みトリweb




スポンサーサイト
  1. 2016/04/26(火) 22:22:36|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

        父の日に

プレゼントの 酒 は なぜでしょう、

ちょっと贅沢できます。



チビの参加する大会が近くであったこともあり、

日本酒好きの 旭川の義父さん と

注ぎつ注がれつ いってみましょう!!


巷は 「父の日」。

我が家には 「母の日」 にはあった 華やかな動きもなく

まったくの無風状態ですが、


それはよしとして、

義父さんに酒を注ぐことにしましょう!!




おっと、私はまだ 義父さん ほど 父親としての 懐が広くなっていませんので

義理の息子、、、いやいや、その候補が現れるののも・・・



まあ、義父さん 呑むとしましょう!

20150620父の日P 00600
  1. 2015/06/21(日) 06:32:18|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  平杯、納品しました。

江別は “地酒のおおつ” さんに

ぐい呑み2点を含めて、数点、納品しました。

ぐい呑みは、かねてから、ご要望のあった 平杯 が 1点 あります。

1点 ですっ!?(汗)


実は平杯のような形は今までつくったことがなく、

いろいろと、探りながらの、、、制作となっています。

見込みには 轆轤目をのこし、外側には 水氷文様。


これから、少しづつ、、、

ですから、、、どうぞ温かい目でお待ちいただけると、

ありがたいです!!



20150614ぐい呑み 002


20150614ぐい呑み 001
  1. 2015/06/14(日) 17:03:48|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     ぐい呑みを なおして。。。

お客様から

「とても気に入っている ぐい呑み が欠けてしまったのだけれど・・・」

どうにかならだいだろうか?


というご相談を受けました。


急須の制作でお世話になった 北海道クラフトの舟見 さんにお願いして

金継(きんつぎ)のできる作家さんに取り次いでいただきました。



ということで、

なおしていただいた ぐい呑みが3週間ぶりに戻ってきました。




20150601金継3


私は、

かねてから、

欠けたから、ポイッ ではなく

なおしてまで使っていただける 器をつくれる人 になりたい と思っていました。


買い求めるときは いいお値段がしても

直して、長く 使っていただければ、、、

お値段に見合う、またはそれ以上の “働き” ができるのではないかと!!







そうは言っても、なぜかしら敷居の高い “金”!!


という ワードが入る金継の直し。



最近は自分で行う 簡易的な金継セットなるものが 売られているようですが

結局、制作の方に追われて、

自分の器で 金継の直し をしたことはありません。


修業時代には エポキシボンドを使って 金継とは程遠い お遊び で器をなおしたことはあるのですが・・・・



というわけで

思いきって、お客様のぐい呑みと一緒に

ちょうど?? 欠けてしまっていた 私のお気に入りぐい呑み を なおしに出すことにしました。



欠けてしまって、、、、

違うぐい呑みに変えたところ、

やっぱりしっくりこなくて

「やっぱりこっちの方がしっくりくるな~。欠けていない方で飲めばいいや」と

しばらく使っているぐい呑みです。






もう一つは、“直しに出す立場” になりたかったのと

金継で直した器を 使い続けると どんな感じなのか 実感したいと思いました。




で、戻ってきました。

20150601金継2


20150601金継1

当たり前ですが

口当たりも いい感じです。


「欠けてないの方がこちらだから、器をこっちにむけて、、、」などと

変に気を使うことがありませんね(笑)



金継は有料で、舟見さんを通して なおしのできる 作家さんに見積もりをとっていただくかたちになります。

私の器に限ることになりますが、ご相談に乗れると思います。



20150601金継4
  1. 2015/06/05(金) 22:29:23|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  2度目は 肩の力を抜きつつクオリティーを。

日本酒の器。 ぐい呑みです。


イベントで使用して頂きます。


そして、イベントは近々に予定されているので

焼き損じても 再度 制作する時間はありません。(汗)


というわけで ドキドキの窯焚きです。




イベント用の 酒の器 の制作は 実は今回で2度目。



1度目は・・・ やはり最初ですから



「お値段以上  O ト O !!」  (北海道民ならではですね)



のような作品でありたいと 


気合が入りすぎた 感が あります。


お陰様で 喜んでいただいたのですが!!




今回は、肩の力を抜きつつも

クオリティーは維持し


前回のぐい呑みと 少しだけ口当たりの角度を変えまして

仮に 前回のぐい呑みをお持ちの方が参加されても

楽しんでいただければと・・・・



というわけで

素焼きが終了。



これから 釉掛けして、次は本焼きなのですが、

ここ最近、本焼きで 予想外のトラブルがあります。


計器か古くなってきたことが原因なのか・・・

原因は確認中なのですが、今回ばかりは失敗禁止。



きっと、計器はほどほどに、今までの経験値を信用する窯焚きになるのでしょう。


とにかく、あとはうまく焼きあがってほしいものです。



20150303梅乃宿マルイカキ徳利 1


  1. 2015/03/08(日) 11:25:06|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ