北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

うれしいお便り。


1500009823633 (2)1


嫁いだ作品が、

嫁ぎ先で、しっかり仕事をしてくれると、


そして、そんなお便りをいただいたりすることもあります。 (以前の記事はこちら


先月の銀座、ギャラリーおかりやさんでの個展で発表の作品です。



垂撥は北海道の木を、 (札幌の木工家 村木昭彦氏作)

シズクカキは

有田から取り寄せた粘土を 野幌で焼き上げました。


関東育ちのお花、しっかり受け止めてくれているようです。




スポンサーサイト
  1. 2017/07/18(火) 22:29:56|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

垂撥、少しの遊びを。


掛け花入の垂撥(背板)は

北海道の木工家 村木昭彦 さんにお願いして

作っていただいています。



掛け花入 と合わせて 垂撥も、と

あわせて、もとめて頂く場合も多く、



数年前に作っていただいた分が

かなり嫁いだ事もあり、

今回あらたにお願いする事になりました。



木は 栗、栓、楡などです。


掛け花入や花材に合わせて

掛ける場所を変えることができる機能はそのまま。



今までは、
形を かっちり仕上げていただいていたのですが、

「今回、少し遊びを、、!!」

という、私のリクエストに答えていただきました。



木肌を残した垂撥は栓の木、

虫食い状の肌を仕上げて頂いたのは栗の木です。


個展も残り3日、

会場でお待ちしています。




会期 6月7日(水)〜6月12日(火)
場所 ギャラリーおかりや
東京都中央区銀座4-3-5 銀座AHビルB2F
http://www.g-okariya.co.jp/gallery.html
時間 11:00〜19:00(最終日17:00閉場)


20170606作品画像垂撥1


20170606作品画像2
  1. 2017/06/09(金) 09:58:19|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日目。

20170601作品画像 (66)_299_450



3月の札幌の個展で初お目見えの シズクカキ。(その時のブログはこちら


その時は非常に作品数が少なく
ご迷惑をおかけしましたが、


今回は、掛花入れ や 桃白磁バージョン と 

アイテム数も少しだけ増えました。


お花は、

今回も、地元江別の 大麻(おおあさ)フラワー さんから送っていただいています。


個展、2日目、

涼しげな北海道の初夏の風を会場に、、、


本日も会場でお待ちしています。




20170601作品画像 (303)_266_400


20170601作品画像 (311)_266_400


20170531作品画像 (193)_266_400



◇個展 
  場所 ギャラリーおかりや 
        東京都中央区銀座4-3-5 銀座AHビル 地下2階
  会期 6月7日(水)~12日(月) 
  時間 11:00~19:00 (最終日17:00終了)






  1. 2017/06/08(木) 09:46:08|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルイカキ×プレゼント

2016091301




何度かブログでも取り上げたお話です。



マルイカキをご自宅用にお求めいただくのはもちろんありがたいのですが、

プレゼントにして頂けることも多くなってきました。

今回も、個展会場にはマルイカキに花を投げ入れていますから、見ていただいたお客様はわかると思います。

ですが、マルイカキのプレゼントを受け取った方は、

「これは何⁇ 置き物⁉︎」

もちろん、お花を生けても、生けなくても、生活空間にあって違和感の無いカタチ、

というのがマルイカキのコンセプトの一つ。

置き物でも構わないのですが、

こんな感じに生けてみても、

イイかもです♪

  1. 2016/09/13(火) 09:54:07|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃白磁の花器は “モモ”。

20160911



“マワルカキ”シリーズと

“マルイカキ”シリーズに

桃白磁バージョンが加わりました。

どちらも、関東の皆さんにみていただくのは初めてですね。




桃白磁マワルカキ では収まりが悪いので


“マワルカキ モモ” と “マルイカキ モモ”。


image1



  1. 2016/09/11(日) 08:24:43|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ