北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

入選のお知らせ。

第57回東日本伝統工芸展に入選することができました。

東日本地域在住の作家を対象とした工芸の公募展です。
 


すっかりご案内が遅くなりましたが


ちなみに、第57回東日本伝統工芸展の東京展本日から。
関東方面の皆様、是非ご覧ください。

日本橋三越会場では、連日午後0時30から 45分程度
ギャラリートークがおこなわれる予定です。



東京展  平成29年4月19日(水)~4月24日(月)    日本橋三越本店 新館7Fギャラリー

盛岡展  平成29年5月10日(水)~5月15日(月)    川徳百貨店7階催物会場

となっています。


画像は今回の入選作ではありません。
前回、第56回東日本伝統工芸展入選「白磁水氷文鉢」

2016水氷文鉢doc小 (2)_453_303


2017東日本伝統工芸展写真面_400_270


2017東日本伝統工芸展切手面_400_270




北海道どさんこプラザ札幌店に出展しています
  場所  JR札幌駅西通り北口 「北海道さっぽろ[食と観光]情報館(愛称:キタベル)」内
  会期 11月上旬~2017年4月下旬

◇第57回東日本伝統工芸展に「白磁水氷文鉢」を入選出品しています。

 平成29年4月19日(水)~4月24日(月)    日本橋三越本店 新館7Fギャラリー
 
 平成29年5月10日(水)~5月15日(月)    川徳百貨店7階催物会場






スポンサーサイト
  1. 2017/04/19(水) 14:23:38|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     明日まで。



日本伝統工芸展に入賞入選作品は

日本橋三越の会期を終了後も

全国の地方会場を巡回します。  詳細についてはこちら


IMG_392800webdai
(画像は日本橋三越会場  ブログ





私の作品「白磁水氷文鉢」は

全部の会場を巡回するわけではありません。


日本橋三越さんの後は

名古屋(終了しました)で見ていただき、


そして、

岡山、松江、仙台の会場となります。





ということで、岡山の会期が明日までとなりました。


岡山近郊の皆様、

是非、

足をお運びいただけるとありがたいです!!







◇第63回日本伝統工芸展 岡山巡回展に出品しています
  会場  岡山県立美術館 
  会期 11月17日(木)~12月4日(日)

◇第63回日本伝統工芸展 松江巡回展に出品しています
  会場  島根県立美術館 
  会期 12月7日(水)~12月25日(日)

◇第63回日本伝統工芸展 仙台巡回展に出品しています
  会場  仙台三越 
  会期 1月25日(水)~1月30日(月)






  1. 2016/12/03(土) 10:45:33|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あらためて。



第1回日本陶磁協会
現代陶芸奨励賞
北海道展。



開催中です。

10月15日(土)~11月13日(日)
札幌芸術の森 工芸館にて  
入場無料です。

同時開催は 日本陶磁協会賞歴代受賞作家展




20161014道新01


20161014道新02




10月14日の北海道新聞10面に掲載されました。

FBでは先だって、アップしましたが
あらためて。







15日には
同じく北海道新聞江別面にて
取り上げて頂きました。



20161015道新江別面


17日には札幌全日空ホテルにて授賞式。

緊張しました。(汗)

授賞式と、受賞のスピーチを無事終えることができました。




公募展への応募は、

“作品のクオリティーを高めるためになる” のでは、

との思いから

応募を続けて10年近くになります。



もう一つは、自分に残された制作可能な期間

(それは、明日終わってしまうかもしれませんが)

の中で、

今、この段階だから、作れるものを

しっかりと作っておこうという思いがあります。



応募を続けていく中で、

賞 には全然縁がなかったので、

今回、賞を頂き、講評を頂けるというのは、

本当に素直にうれしいです。

 


ただ、出品用の制作に当たっては、制作時間を確保することも必要で、

ご依頼頂いている作品を

お待ち頂いていることも、少なからずありますので、


本当に皆様が暖かく支えてくださるからこその

受賞であると思っています。












そして、あらためて、

これまで支えてくださった方々、

第1回ということで
公募展開催にご尽力頂いた関係者の皆様に
感謝します。



20161017授賞式02



20161017授賞式




  1. 2016/10/24(月) 10:32:37|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   受賞のお知らせ。

20161001現代陶芸奨励賞◎webdai

嬉しいお知らせです。



この度、 日本陶磁協会 現代陶芸奨励賞 を いただくことになりました。(北海道新聞 10月1日朝刊)

第1回の 北海道展 で奨励賞をいただき、とてもうれしいです。


修業時代には 一度 賞を頂いたことがあるのですが

独立してからは 初めて です。


公募展への出品は、

自分の制作のレベルを上げる要素になるだろうと

年間の予定の中で、スケジュールを確保して

続けてきました。


ですが、 ~賞 というのには 本当に 縁がなかったので、

協会の方から、受賞のお電話をいただいた際には


あまりに驚いて、、、理解するまでに、一瞬、言葉を失ってしまいました。笑




ここで、改めて。

私が次の窯を焼くことができるのは

作品を買い求め、使っていただける お客様がいるおかげです。

ですから、本当に、お陰様で、受賞することができました。


そして、自分なりに、まだまだ 突き詰めていかなければならない部分を
自覚しているつもりです。

今回の受賞に 驕ることなく、引き続き精進したいと思いますので

今後とも、温かく見守っていただけるとありがたいです。







webdai2016現代陶芸奨励賞リーフ




  1. 2016/10/02(日) 09:16:09|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     あらためて。

IMG_392800webdai



IMG_391100webdai


9月22日、日本橋に行ってきました。

日本橋三越さんで行われている

第63回日本伝統工芸展(本展)を見るためと

陶芸部会の出品者研究会に参加するためです。


成田空港で少しもたついたのと、

都内で用事を済ませたのもあって、

本展会場に着いたのは13時すぎ。



会場でオレンジ色のキャリーケースをコロコロ引きながら

作品を見ていると、

誰もキャリーをひいている人がいない。(汗)


この日は三越の食堂で、出品作家の懇親会が18時からあるので

全国から多くの作家が集まっているはず!!


なのですが

皆さん、すでにホテルにチェックインしたのか

荷物を抱えている、

ましてや コロコロ転がしている方が一人もいない。

コロコロは音も響くし、大勢の観覧者がすれ違う通路ではとても邪魔 (大汗)




工芸会の知り合いが

「荷物を預かってくれるクロークが地下1階にあるよ」

と教えてくれました。



こんな素敵なシステムがあるのか!!  と

感心して 地下1階で手続きし、

再び 7階の会場に戻ると

あっという間に研究会が始まる14時です。





研究会は 三越の別室で行われました。


入落の審査された先生が

とても具体的に 審査方法や審査の流れを

スライドを交えて説明し、


かなり個別的な部分まで、その評価を解説していただきました。



とても勉強になり、刺激を受けました。





翌日も会場に行きたかったのですが、時間切れ。

午前の便で千歳空港へ。








本展の会期が始まって1週間、

「見ました~!!」  とのメールをいただいたりして、

ありがたい限りです。





とここで、

あらためて、第63回日本伝統工芸展 東京展開催のDM をお知らせします。

切手面には東京会場での作品解説などの日程が記入されています。



2016本展写真面webdai


2016本展切手面webdai



◇「世界お茶まつり2016 秋の祭典」に白磁急須を出品します。

会場 静岡県コンベンションアーツセンターほか
会期 10月27日()~10月30日()


◇北川智浩 作陶展

会場 創作陶器 平野屋 
    〒424-0817 静岡市清水区銀座10-10
    TEL 054-366-1825
会期 11月10日(木) ~ 11月15日(火)



  1. 2016/09/27(火) 23:02:02|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ