北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

磁器土で、最後に。

セラミックアートセンターでの

中級講座では毎回、A4の紙1枚のレジュメをお渡しして

制作見本を実際に作りながら進め

講座終了後にアンケートの記入をお願いしています。








今回の講座も概ね良好(^^♪

ご要望なども踏まえながら、また次回、今年秋の講座をやらせてもらえれば、と考えています。





20180106IMG_7410 (2)_300_367
スポンサーサイト
  1. 2018/01/16(火) 07:27:23|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磁器土で、その3。 ~焼き上がりは大きな心で~

20180115IMG_7370 (2)_350_466


昨年10月から11月にかけて

江別市のセラミックアートセンターで行った

電動ロクロ中級講座。  (その様子はその1    その2


その作品が焼きあがったとの連絡があり

センターまで行ってきました。





 
20180105IMG_7371 (2)_450_307

磁器土のロクロは初めて、という方がほとんどで、

最初はかなりてこずっていたようですが、

最後、 彫や加飾の講座の回 では

皆さん、和気あいあいと おもいおもいの 彫だったり 和紙染めに取り組んでいました。








20180105IMG_7385 (2)_420_305



20180105IMG_7372 (2)_400_300





20180105IMG_7375 (2)_400_300

もちろん、100%‟難なく”焼きあがった というわけではありません。

写真ではわかりにくいのですが、

高台のあたりだったり、口縁だったり、

10点のうち1点程度は問題があります。





今回は、講座の最初の回に

「磁器土は問題のあるやり方で10個作ると、10個すべてが、問題ありで焼きあがります。

なんとなく、2~3点はうまく焼きあがるという事はありません。

なので、たとえやり方が合っていたとしても、100%うまくはいきませんので、

難ありの作品も受け入れる、大きな心 を先ずご用意ください!!(笑)」とお願いしました。



やきものの場合、焼成前は問題なく見えても、

焼成後、窯から出してみると、細かい傷やクラックを見つけてがっかりする事がよくあります。


原因は2通り。

焼成前にすでに傷などの問題があって、ただ見つけられなかった場合と

焼成時に問題が発生した場合。


後者の場合は土と釉薬の相性や焼成の技術的な問題となり、これはこれで本質的な問題。



今回のような短期講座では、前者の焼成前の “作り”や“削り”などの

制作技術の“正確さ”を確認したり

テクニックの‟引き出しを増やす” 事の手助けになればと思っています。



今年の秋にも新たな企画を予定しています。(予定では10月中旬の金曜日、全6回、土もの)

時期が来ましたら 江別市セラミックアートセンターのHPで告知&募集となると思います。


  1. 2018/01/10(水) 06:22:31|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磁器土で。 その2

江別市セラミックアートセンターでの

電動ロクロ中級講座。 (ブログその1はこちら


第3回目の“中鉢の作り”から、最終第5回目の“彫”まで。




10月27日は 第3回目 の中鉢の作り。

いつも通り、レジュメをお渡しして、実際に作りながら説明します。


20171027IMG_6700 (2)_450_307


20171027IMG_6712 (2)_380_442


第4回目、11月10日。

センターのある西野幌付近。

強風で色付いた葉もだいぶん落ちていましたが、

レンガの壁に張り付いた葉は赤々としていました。




20171110IMG_6840_400_400


適度に乾燥させた鉢を

同じ粘土で作った台で受けて削ります。




20171111IMG_6892_400_400


20711111IMG_6893_400_400


第5回目は仕上げと 彫などの加飾。

20171117IMG_7093_450_450


素地を彫った状態がわかりやすいように

ちょっと一工夫。

会場の明かりを少し落とし、手元のライトを一方向から当て

素地を彫った凹凸=“影” が見えやすいようにします。


20171117IMG_7125 (2)_500_321


最終的には、皆さん おもいおもいの加飾ができたようです。


20171117IMG_7104 (2)_450_326


と、今回の私の講義は本日で終了。

この後、釉掛けをして焼成、焼き上がりは来年 1月上旬を予定しています。





再び、お知らせ。

セラミックアートセンターの方では 年1回の出張講座が終了しましたが


野幌工房の方では



磁器土を使用した電動ロクロ 一日体験教室

や短期コースを随時実施しています。(要予約)



詳しくは北川智浩陶磁教室/北川智浩 まで 

までお問合せください。

只今HPを工事中、




という事でお手数ですが、

Facebook

インスタグラム

から、先ずはお問合せいただけるとありがたいです。


  1. 2017/11/25(土) 06:50:19|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磁器土で。

江別市セラミックアートセンターで現在行っている

電動ロクロのワークショップ。


全6回のうち 第1回~2回の様子をまとめてみました。



20171015IMG_6466_450_450

10月13日、江別市西野幌地区、セラミックアートセンターの紅葉の様子。



10月11日にさっぽろ東急さんでの個展が終了、


翌日、午後センターにてスタッフさんと最終打ち合わせと

講義で使用するレジュメの原稿仕上げ。


実はまだ搬出作品の荷解きが終了しておらず、

頭の中も少々個展モード・・・。




20171015IMG_6425_450_337

13日は秋晴れ。

初回という事で少し早めにセンターに到着して

紅葉の木々の中を散歩しているうちに

講義モードに切り替わりました。(笑)





2011年から始めた電動ロクロ中級講座も今年で7年目。


だいたい秋頃にテーマを替えて、週1回のペースで 全6~7回行います。




例えば 一昨年は輪花皿と8寸皿、

そして昨年の大小大きさの異なる土鍋つくり。



作るテーマは変えても、これまで土はすべて陶土を使用してましたが

今回はリクエストもあり磁器土にしてみました。



作る作品は 蕎麦猪口と 中鉢。





20171015IMG_6430 (2)_450_337


第1回目は

磁器土の説明から

土練り、ロクロ成形と説明して

蕎麦猪口のロクロ成形まで。






20171015IMG_6497 (2)_500_300


20171015IMG_6484 (2)_500_322


20171015IMG_6486 (2)_350_545


2回目は一週あいて10月20日、削りの工程です。

20171020IMG_6620 (2)450_300


20171020IMG_6550 (2)_300_400


20171020IMG_6734 (2)_450_322






なお!!

セラミックアートセンターの方では 年1回の出張講座を行っていますが


野幌工房の方では



磁器土を使用した電動ロクロ 一日体験教室

や短期コースを随時実施しています。(要予約)



詳しくは北川智浩陶磁教室/北川智浩 まで 

までお問合せください。

只今HPを工事中、




という事でお手数ですが、

Facebook

インスタグラム

からお申込みいただけるとありがたいです。


  1. 2017/11/11(土) 10:15:40|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     土鍋つくり。

20161125_400_400_2



20161125_400_400_4


セラミックアートセンターでの

電動ロクロ中級講座。

毎年、テーマを替えておこなっています。




今年のお題は ‟土鍋” です。

全5回の講座で ミニ土鍋1点 と 土鍋(4~5人用)1点を制作します。



うち、制作は4回。
今年は10月21日、10月28日、11月18日、11月25日となりました。

時間は10:00からで 昼休みを挟んで16:00まで

制作終了後
次の回で釉掛けします。




20161125_350_466


20161125_400_394


ミニ土鍋は、、

遊び心をもって、


鍋の取っ手や 蓋の摘み も おもいおもいの形ですね。





20161125_500_306



20161125_400_473


4~5人用土鍋の方は

蓋の摘みに関してリクエストがあったので、少し変わった?摘みを実演しました。








20161125_400_400





20161125_400_397



講座中には

ちょっと脱線!?

磁器土を使った練習や、

同じく磁器土を使った ‟削りだし” の箸置きの説明も。



20161125_500_289


20161125_450_316


第4回目が終了時には、

外はすっかり雪景色ですね。



作品はちょうどクリスマス頃に焼きあがる予定です。

ですから、今年の冬には大活躍してくれると思います。





20161125_400_400_3



北海道どさんこプラザ札幌店に出展しています
  場所  JR札幌駅西通り北口 「北海道さっぽろ[食と観光]情報館(愛称:キタベル)」内
  会期 11月上旬~2017年4月下旬

◇第63回日本伝統工芸展 松江巡回展に出品しています
  会場  島根県立美術館 
  会期 12月7日(水)~12月25日(日)

◇第63回日本伝統工芸展 仙台巡回展に出品しています
  会場  仙台三越 
  会期 1月25日(水)~1月30日(月)





  1. 2016/12/18(日) 17:03:00|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ