北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

作品の梱包

ご注文の作品が焼き上がり梱包できました。

新築されたご親戚へのプレゼントということです。


t様新築祝い1

格好よく梱包、ラッピング? するってなんて難しいんだろう!
と思いながらいつも梱包しています。

どうしても割れないように、
確実にお手元に届きますようにという

安全だけどあまり見てくれの良くない梱包のほうへシフトしてしまいます。

t様新築祝い2

今回は“郵送”ではなく“手渡し”のお使い物ということでまだ気が楽です。
で、頑張って格好よく梱包しようと思っています。

無事に作品がお手元に届き、まあたらしい食卓で乾杯したり、お料理をのせたりする際に
しっかり仕事をしてくれますように!


t様新築祝い3
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 18:42:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャレンジ電動ロクロ教室

センターチャレロク1

今日は江別市セラミックアートセンターでの出張教室です。

セラミックアートセンターはJR野幌駅から南に約4Km。緑豊かな野幌原生林に隣接する場所にあります。
周囲は4月も半ばですかまだ融けきらない雪が一面に。

冬を迎える前の樹木の雪囲いがばっちりだったのでしょう。厳しい冬を越しても樹木は守られていますね。

センターチャレロク2

センターでの電動ロクロ教室は今年で3年目になるでしょうか。
始まる前にホワイトボードに説明書きをして。
初めての電動ロクロにチャレンジです。

センターチャレロク3

小学校4年生以上の方が対象ですが、今回は大人の方ばかりで落ち着いた雰囲気での教室となりました。
ロクロの前に座る位置や体の使い方などなど説明しています。

手元を見てもらいたいのでもっと前に来て欲しいのですが
呼びかけても、最初は遠慮して遠巻きに…です。

センターチャレロク4

今回は小鉢の制作。形を作ったり、切り離したりする段階になると
近くに来て手元を見てくれます。

電動ロクロは足のペダルでロクロの回転数を上げたり停めたりできる便利な道具です。
手で回す手ロクロと比べるとロクロが回転した状況で
安定して両手を使えるといったメリットがあります。

もちろん道具として万能ではなく、手ロクロのよさ、電動ロクロのよさがあると思います。


センターチャレロク5

講師は私の他にも3人。アートセンターのスタッフの先生がお手伝いしてくれます。
たくさんチャレンジして、失敗して、
お手伝いしながらですが「焼きたいな」って思える小鉢が1個でも作れたらいいですね。

センターチャレロク6

センターチャレロク8


センターチャレロク9
  1. 2012/04/15(日) 13:26:28|
  2. ワークショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展DMが刷り上りました

2012DMhayashi-gaso

5月に予定している個展の DM が出来上がりました。

場所は札幌の石の蔵ギャラリーはやしさんです。

時間等に関しては下記ページをご参照ください。

http://www14.ocn.ne.jp/~hakuji/works.htm

今回の DM の背景はうすいピンク色です。
春らしくいい感じに仕上がったのでは、と思います。

イメージ通りの色に仕上がるか、いつも実際の DM が印刷されてくるまでドキドキです。

さて、肝心の作品のほうはというと

はい!しっかり作業に追われています。がんばろっと!
  1. 2012/04/11(水) 13:32:25|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0