北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

北海道クラフトでの展示

北海道クラフトさんで12月26日~2月4日まで個展スタイルで展示させていただくお話をいただきました。
その打ち合わせのために丸井今井さんへ。

10月30日からは運野淳さんの作品展示が始まりました。その様子はいぷしろんの空で見ていただけます。

ちょうど運野さんが搬入でいらっしゃる時で、いつも素敵な作品、新作もということで
拝見したかったのですが、仕事場に戻らなくてはならず…

常設の私の作品の様子を写してみました。
いつも綺麗に展示していただきありがとうございます。


北海道クラフト20121029_1


北海道クラフト20121029_2
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 18:10:28|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回伝統工芸北海道展のお知らせ その2

伝統工芸北海道展に出品する作家の名前です。

道内の作家さんに加えて
賛助出品の作家のお名前も。

作っていただいた ムラキさん本当にお疲れ様です!

午前中の画像アップでギャラリートーク(作品解説)の時間を間違えてしまい
失礼しました。

正しくは

ギャラリートーク 会期中 午後2時 出品作家による作品解説 です。

2012伝統工芸北海道展リーフレット改
  1. 2012/10/31(水) 15:08:34|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回伝統工芸北海道展開催のお知らせ

イベントのお知らせです

第2回伝統工芸北海道展が札幌三越で開催されます。

11月6日~12日
午前10時~午後7時(最終日は午後4時閉場)
場所は三越本館の9F美術画廊です。
入場無料です
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1910/artgallery.html

主催の(公社)日本工芸会 東日本支部 北海道研究会について。

北海道研究会の作家さんは 日本伝統工芸展 か 東日本伝統工芸展 という公募展に
入選経験があります。

今回は北海道の作家17名で
陶芸に限らず染織、木竹工、人形、ガラス、七宝などの作家さんが参加されます。

重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品も観ていただけます。


期間中、毎日午後2時から 道内の出品作家による作品解説をしますし
作家3名が会場にいますので、作品の事など、お気軽に声をかけて頂ければと思います。

私、北川は11月10日(土)に作品解説をします。

今回は 白磁急須 の制作過程を実物見本を見ながら
粘土の段階からお話できればと。

普段使用している道具なんかも、一部ですが見ていただこうと思います。

11月6日(火)、11月10日(土)は当番日なので終日います。

11月9日(金)と11月12日(月)も会場に行く予定です。

昨年好評でした、“身近に使う伝統工芸”作品コーナーに加えて
別室には新たに「KOGEI Labo.」コーナーも


是非、足を運んでいただければと思います。

伝統工芸北海道展2012写真面改2



            伝統工芸北海道展2012切手面
  1. 2012/10/31(水) 11:45:25|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本伝統工芸展2012東京展そして巡回展のお知らせ

工芸いまさんでの個展とほぼ期間が重なるように

日本伝統工芸展が日本橋三越本館で開催(9月19日~10月1日)されました。

今回、「白磁水氷文鉢」が入選することが出来ました。

個展だけではなく、こちらにも足を運んで頂き、ありがとうございました。


2012日本伝統工芸展1

今回のように個展と重ならない場合は、
一泊の予定で北海道から東京会場に観に来ます。

残念ながら札幌には巡回しないのです。

といっても勉強会やその後の懇親会へと予定が入りますので
じっくり観られるのは多くて2時間程度でしょうか。

ですが今回は、いまさんでの個展開始時間が午前11時。
日本橋三越の開店が10時。

ということで個展開始前に日本橋三越に寄って

陶芸だけではなく漆芸や木竹工など他の部会の作品もいつもよりじっくり観ることが出来ました。


2012日本伝統工芸展2


東京展は無事終了しました。
そして、全国11会場を巡回します。

東京展には全作品が展示されますが、その後の地方展(開催要項)には受賞作品と会場ごとに選ばれた作品が
展示されるようです。

私の作品は今回、名古屋、仙台、高松の会場に陳列されることになりました。

2012日本伝統工芸展23


名古屋展は終了しましたが、

仙台展、高松展はこれから巡回します。

遠く北海道で冬に制作した作品です。
“水から氷”“氷から水”の動きを水氷文として白磁の鉢で表現できればと。

お近くにお住まいの皆様、どうぞ足を運んでいただければと思います。


そして巡回展には地元の作家の方々に、陳列や撤収の面で
とってもお手数をおかけします。

それでも名古屋や仙台は何度か訪れた経験があるのですが、
残念ながら四国ににはまだ伺ったことがありません。(行ってみたいですね!)

作者より前に「作品」がお邪魔します。

どうぞ、よろしくお願いします。
  1. 2012/10/29(月) 11:51:31|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工芸いまさんでの個展の様子

9月15日~9月23日まで、銀座の工芸いまさんでの個展の様子です。
ちょっと遅くなってしまいましたがご報告です。

前日に搬入のため新千歳から羽田に向かったのですが、やはり暑さに驚きました。

個展前、関東の知り合いから「今年の暑さは違うよ!」とさんざん脅されていたので
覚悟をしていたつもりでしたが、それを上回る暑さ!でした。

2012工芸いま会場1

お花はいつもお世話になっている地元江別の「大麻(おおあさ)フラワー」さんからの
直送です。はい、北海道の花です。

9月の末ということで、ちょっと秋を意識して、会場に“涼”を感じていただければと
葉も色づいていたりします。

でも、このお花は大麻フラワーのイセさんから
いつもおまかせで送っていただいていますので、

「イセさん、紅葉ものをわざわざ探してくれたんですね、ありがとー!」

と感謝です。


2012工芸いま会場2

そして木製の飾り棚は 清水宏晃 さんに作っていただいたものです。

今年の春に、札幌の石の蔵ギャラリーさんでの個展に来ていただいたときに
お願いしました。

作家さんに展示用の棚を注文するのは初めてでしたので、ちょっとドキドキでしたが

わざわざ江別の工房まで打ち合わせ何度も来ていだいて、
こちらの我が儘なイメージを形にしてくれてありがとう!

今回、大活躍です!

2012工芸いま会場9


2012工芸いま会場3

夜になるとこんな感じです。

よーくみると写真中央に墨で絵と文字が見えるのですが
毎回、描く決まりです。

今回は新しいタイプの 彫 をほどこした

「白磁水氷文水指」の絵を描いてみました。

いかがでしょうか? 

2012工芸いま会場7

2012工芸いま会場6


2012工芸いま会場8

2012工芸いま会場5

お忙しい中、わざわざ時間をつくって
来て頂いた皆様、関東、関西、そして福岡や札幌からも。

本当にありがとうございました。
お陰様で盛況のうちに無事終了することが出来ました!


2012工芸いま会場4
  1. 2012/10/29(月) 09:44:36|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0