北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

第6回現代茶陶展

東日本伝統工芸展に続いて、第6回現代茶陶展に入選することができました。

会期 2013年4月13日(土)~ 4月21日(日)

会場 セラトピア土岐 小ホール

募集要項から一部、抜粋しますと

「岐阜県土岐市では、桃山時代に黄瀬戸、志野、織部など、新しいやきものを創出しました。
現代において、やきものの新たな発展を求めて茶陶展を開催します。
未来へつながる、創造性豊かな作品を募集します」

とあります。

茶陶の作品で認めていただいたのは初めてなので
とてもうれしいです。

白磁水氷文水指

土岐市は私の師匠、野中春利先生の出生地でもあります。

何度か訪れた場所でもありますし、すごい技術を持った“やきものや”の方が
たくさんいる場所です。

磁器をはじめるまで、

志野や織部に憧れ、
やきものをはじめた頃から意識していた、そのような場所の公募展で

入選できてとてもうれしいです。

そして、いつもながらに思うのですが、
これからも気を引き締めてこれからの仕事に取り組みたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/08(金) 22:58:43|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第53回東日本伝統工芸展

公募展に入選することが出来ましたので
お知らせさせていただきます。

名称は「第53回東日本伝統工芸展」

関東、甲信越、東北、北海道在住の作家による工芸分野の公募展です。

会期 4月17日(水)~ 4月22日(月)

場所 日本橋三越本店 新館7階ギャラリー

時間 午前10:00~午後7:00時(最終日は午後6:00閉場)

もちろん 入場無料です。

関東で実際の作品を観てもらえる機会をいただけることは
とてもありがたいです。

私の作品は「白磁水氷文(すいひょうもん)鉢」

今回は作品の大きさに規定(縦+横+高さ=90cm以内)があり、
いつもの大鉢よりは小ぶりです。

大きな会場でどんなふうに見えるのかな?
ちょっと楽しみかも!

4月も半ばになると関東はだいぶん春めいていることでしょう!

今年は桜はどうでしょう?

関東方面の皆様、

是非足を運んでいただければ!と思います。





第53回東日本伝統工芸展DM写真面


第53回東日本伝統工芸展DM切手面
  1. 2013/03/08(金) 16:03:28|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございました。

第1回全国俊英陶芸作家展が3月4日、無事終了いたしました。

初日は晴天に恵まれたものの、週末は悪天候。にもかかわらず、わざわざご来場頂き
本当にありがとうございました。

遠くは斜里町や滝川市からきました~ と
声をかけていただいたり

ありがたいかぎりです。

第1回全国俊英陶芸作家展2

そして、各地で活躍されている作家の方たちとご一緒させていただいて
とても刺激的な展示会でした。

期間中は残念ながら毎日在廊することはできませんでした。(← 工房での仕事です、はい)
その間、ご来場いただいた方々、誠に失礼いたしました。

これに懲りずにまた、足を運んでいただけるとありがたいです。

私も、気を引き締めて仕事に取り組みたいと思います。

第1回全国俊英陶芸作家展1
  1. 2013/03/08(金) 12:07:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0