北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

雑誌の表紙に作品!?  でも初の体験はザダンカイ・・・

雑誌で紹介していただきました。

陶工房 2014 No.74  誠文堂新光社
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/list.php?category_id=33

今まで北海道の雑誌などでは何度か取材していただいたことがあるのですが

それはあくまでも、 個人の作り手  としての取材でした。



今回、・・・初の体験は ザダンカイ!?。

はい、座談会。

ご一緒させていただいたのは、伝統工芸北海道展 でもお馴染みの 尾形香三夫さん、中村裕さん。



他の作家の方もそうだと思うのですが、

やきものをはじめたキッカケや作品についてのコンセプト、今回の個展について!!

そういう取材は数多く受けているのですね。


ところが今回は 3人で ザダンカイ!?


どうなる事かと思っていたら

取材の方が所々でお題を出していただいて、話をリードしてくれるのでした。


そりゃそうです。

いきなり3人で「北海道で陶芸することについて」 話せ!!と言われてもなかなか難しいでしょう(笑)



ところが、いくらお題を出されたといっても3人で話していると、

(伝統工芸北海道展の 打ち合わせなどで、杯を何度も傾けたことがありますので!)

話がまとまるような、まとまらないような、呑んでないのに居酒屋トーク!!??


それでも、さすがに文章のプロの方なのですね。

ちゃんと座談会として、まとめていただきました。

ありがとうございます!!



それでも、ちょっと気になるのは、送られてきた雑誌を、早速読んでくれた古い友人の反応・・・

「雑誌に載るなん、すごいですねー。でも、座談会、  北川さん、  あんまりしゃべっていませんね!?」



「・・・・・・(苦笑)!」



はじめからちょっとショックなリアクション(汗)でしたが・・・


ご興味のある方は、是非手に取ってみてください。

陶工房2014No74表紙web大


陶工房2014 No74




水氷文水指1


2014石の蔵DM写真面1
スポンサーサイト
  1. 2014/08/20(水) 13:28:54|
  2. 新聞・雑誌・書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北川農園、相変わらず野菜初心者ですが 収穫はいいものですね

台風一過で再び晴天な日が続いていますが、立秋を過ぎ

江別は少しづつ朝晩が涼しくなってきました。

工房の裏の小さな畑の北川農園。

野菜をつくり始めて6~7年。

相変わらず初心者な野菜しか植えていませんが

それでも、やはり収穫というのはうれしいものです。


病気で枯れたり、栄養不足でヒョロヒョロな状態で

「植えてほっとけばそのうち収穫できるっていうわけじゃないんだ!」と

野菜栽培一年目は、すっかりおののいたものです。

いろいろ調べたり、ジョーズな方々に聞いたりしながらちょっとずつ

よくなってきたのでしょうか。


20140810北川農園1


近くの野菜直売所では

旬のとうきび(とうもろこし)がやっと手の届く価格になってきました。

さすがにとうきびは家庭菜園上級者の栽培品種と勝手な思い込みで

購入することにしています。(笑)

まず、今年のハツモノは「恵味ゴールド」。

20140803とうきび2

次週には「恵味ゴールド」と「バニラッシュ」!!

もちろん、こんなに食べきれないので、実家のほうに、おすそ分けですね。

20140810北川農園2
  1. 2014/08/13(水) 23:09:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0