北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

 花弁を模した輪花皿 再び 

皿や鉢で 花弁を模した形にすることを 輪花皿(りんかざら) 輪花鉢といいます。



輪花皿(鉢)は 花弁の形が “ ( ” のように弧 を 描いている場合が多いです。

中でも、その花弁の先端が “ { ” のように とがって蓮弁形をなしている皿を 稜花(りょうか)皿 

と言ったりします。

が、総じて 輪花皿でも間違いではないようです。 


以前、制作して、評判はそこそこ良かったものの

当時は、「サイズの割には、あまりに時間がかかりすぎる」ということで、しばらくお「蔵入り」していた稜花小皿。


春の個展で数点、発表したところ意外と評判がよかったので

あらためて制作してみました。

この形は見込みの平らな部分、口ぶちの角度や幅が少し違ってしまうと

なかなか同じサイズに見えてくれない!(冷汗)


で、そこのところは慎重に!

ということでロクロを引くと、以前よりは多少はロクロが慣れてきているのでしょう。

だいぶん形がそろってきたようです。


これから、内側に彫を入れてます。


そして、写真とは違う輪花(稜花)の形も制作してみました。

うまく焼ければ次の個展で発表できると思います。

2014082700輪花皿1
スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 22:39:10|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  迫る納品日と個展 の中で 「文字を彫る」

個展までの期間も一日たつごとに、一日差し迫ってきます。

当たり前ですが、焦ります。(笑汗)

そして、数か月前にお約束した、注文作品の納品日も

個展とは関係なく、差し迫ってきます。


今回は、少々納品が立て込んでしまいました。

これまでは、個展前に注文作品をいくつもお受けすることはなかったのですが、


お話をいただいて、

「個展前に この納品スケジュールをクリアできたら、少し前に進めるんじゃないかな!」


進めたかどうかは別として

これまでになくプレッシャーを味わえることはわかりました。(笑)


で、結局、焦りながらも、ひとつひとつ、丁寧に仕上げていくしかないですね。



数か月前にお受けした、今月納品予定作品のひとつは

“盃に文字を彫ってほしい”


お話をいただいたときに、“制作時間がよめる、オーソドックスで確実なデザインの 彫 ” と


“初めて試すんだけど、どれだけ手間と時間がかかるかわからなくて、しかも焼いたときに

どれほどの効果があるかわからない。でも手に取った時の感じはいいはず! の 彫 ”を

思いつき、


時間をかけられないのに、後者の方を選択してみました。

新たな 彫 を試してみたい気持ちが勝ってしまったのですね。



焼きあがった、作品はすでに納品済。


気に入ってもらえるといいですね。



2014081900結のぐい呑み2
  1. 2014/09/03(水) 22:54:37|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  悔しさの 蓋向。もっとロクロひかなきゃ 

いろいろありまして、とってもお待たせしましたが、ご注文の蓋向

無事納品できました。

店舗用ですから、蓋向(ふたむこう)のすべての “身” に すべての “蓋” が のっても大丈夫です。


実は恥ずかしながら この蓋向、一度 納品時に ボツ になっています。


入れる料理は決まっていて、 お店の人気メニュウー “ジャガイモのバター煮(要予約)”です。

なんでも漫画 「美味しんぼ」に登場したとか・・・・



打ち合わせの時に食べさせていただきました。

素材の味を真正面から引き出していて、もちろん美味、

そして、ちょっと生意気に言わせてもらえるなら

白磁のように素材に向き合った ごまかしのきかない 仕事です。



大将曰く「いもが崩れるギリギリのやわらかさが理想。だから、器の見込みの丸みが程よくなくちゃ・・・」


1回目の納品の際、

「見込みのカタチがちょっと違う・・・・ 使えないけど、せっかくだから買うよ」


ちょっとまった!

確かにこちらも 蓋と身のあわせに気を取られて 見込みの形がちょっと違ってしまいました。

それはそうとして、使えないのに申し訳ないから 購入というのは 


悔しい



時間もらえるなら もう一度 作らせてもらえますか!!

でも、次の制作の予定が決まっていますので、ほんとにほんとに時間かかります。



「それでも、いいよ」

ということで、その時点から 約11か月 お待ちいただいての納品です(汗)。


自分のロクロの未熟さに・・・ もっともっとロクロひかなきゃ という1年でしたが




ところで大将、ちゃんと 器 、使ってくれているんでしょうね!?

「やっぱりつかえないわ」


じゃ悔しいから、今度 、ミシュ○○のようにお店に行って覆面調査しなきゃ!(笑)

お店は札幌駅北口の 味百仙 さん
http://tabelog.com/hokkaido/A0102/A010201/1000037/dtlrvwlst/3653927/

 

20140831味百仙蓋向1
  1. 2014/09/02(火) 22:16:22|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0