北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

志野

志野。


美濃焼の中の1つ、

とても好きな やきものの1つです。


横浜修業時代


師匠の野中春利先生が岐阜県土岐市(美濃地方)のご出身ということもあり、

弟子として仕事をさせてもらうようになって、初めて扱わせてもらえたのが美濃焼でした。




実は13年前の独立当初、


何とか いい 志野 が焼けないかとテストに明け暮れ、

思い立って、岐阜県の 大萱 まで窯跡を見に出かけたこともありました。


横浜にいるときにも 岐阜には何度か行って

やきものを見てまわったのですが、

今思うと、やっぱり、切羽詰っていなかったのですね。


それに、陸続きだと いつでも行けそう な気がしていて

忙しいのをいいことに 無理に時間をつくってまで行くことはありませんでした。


それが、海を渡った場所に暮らすようになって、

自分の窯で焼いてみると、

当然のように 思うようにはいかない。


気軽に行くことが難しくなってから

いつでも行けた距離に暮らしていたことを改めて思い知り、

今度は、何とか時間をやりくりして、

やっぱり行ってみるしかないわけですね。







で、 さんざん テスト した挙句、

たまたま窯に入れてておいた 磁器 のテストピース がとてもきれいで

試しに 作品として発表してみたところ

志野の作品よりも どういうわけか 評判がよく、


気が付くと 磁器の作品ばかりになっていきました。



志野をつくるのをやめた というより

磁器の制作が あまりに 手ごわかったために

両方は無理!

ということで磁器の制作に集中することになりました。



今回、依頼していただいて

久しぶりにの志野の仕事ができます。

13年前にテストに費やした時間が

ヨーーーヤク 役立ちそうです(笑)

よかった。




20150125志野茶碗1
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 21:18:16|
  2. エピソード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 個展に向けて

3月の 札幌 での 個展に向けて、

DM用の作品の撮影です。


撮影はいつもお願いしている Yさん。

場所はYさんの札幌のスタジオ。

アッチコッチから光をあてて 美人さんに写していただくようお願いしています。(笑)



20150120DM撮影1


  1. 2015/01/24(土) 11:21:26|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   “余裕をもって”の焼成予定は・・・

年が明けてから 小型の窯はすでに何度か焼いています。



同時進行で大きい方のガス窯を焼成する準備を進めています。

ガス窯は焼き上げる作品数も多いため

昨年11月末には

おおよその焼成の予定を “余裕を持って” 組みます。



この日までに本焼きの窯をあけたい。


という時に、例えば・・・

窯を焼き上げて、冷ますのに4~5日。

その前に窯を詰めるのに1日。

窯詰めの前に、4日前から釉掛け作業。

釉掛け作業を始める4日前には素焼きの準備を完了しなくては・・・。





という風に逆算して

この日までが制作の締切日!!という日を設定します。




そして、制作のトラブルや 雪が降った時の雪かきに割かれる時間などを考慮して

余裕をもってスケジュールを組むのですが



これがどういうわけか、余裕を持ったままスケジュールを終えたためしがありません。(悲)




今回もそうなのですが、たいていの場合は窯詰め予定の作品の中に

初めて挑戦するアイテムが入っていたりします。

そういう場合は探りながらの制作になります。


「もっとこうすればよくなるのじゃないか」という気持ちを抑えられなり

いろいろ試しているうちに、限られた予定時間をオーバーしてしまったりします。

もっともそういう試行錯誤は

“次に繋がる” ことも あるので、決して無意味ではないのですが。


それで結局 “余裕を持った” 焼成スケジュールは

この日以降はもう雪かきの時間も禁止!!というか雪降っちゃダメ!というような

ギリギリのスケジュールに追い込まれていきます。


それでも窯を焼き続けられるのは

大きな気持ちで 作品の納品 をお待ちいただいている皆様のおかげです!!

本当に心苦しい意気持ち と 感謝の気持ち でいっぱいです。


20150120制作中1
  1. 2015/01/24(土) 10:08:38|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

    大きな作品の制作

ここ数年、冬の期間には大物作品の制作を課しています。


課す というのは そうすることによって

もっといい作品をつくることに 近づけるのではないかと考えています。


もちろん、大きいから 難しい 大きいから いい作品 ということではありません。

手のひらにのるサイズでも素晴らしい作品はたくさんあります。



ただ、大きな作品をつくるために試行錯誤したことが

普段使いの器の制作にフィードバックできた経験が少なからずあります。




数モノや大きな花器の納期があった昨年は

実は、予定していた分の大物の制作が出来ませんでした。


大きな作品は、焼成の段階でのトラブルも多いため

それだけ数を用意しておきたいところです。



また、大雪が降ると 窯小屋の屋根の雪をおろさなければならず

そういう時間もある程度は想定しているのですが


そこはやはり自然・・・・。



遥かに想定を超えて降ってしまうと


制作の時間を削って 雪かき という年もありました。


さて、今年はどうでしょうか。


お天道様、どうぞお手柔らかにお願いします!!








20150110大鉢1
  1. 2015/01/12(月) 21:42:28|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   成人式とお弁当

江別市では今日は成人式 

だったのだと思います。

思います、というのは、食材の買い出しに市内のスーパーマーケットに出かけていて

いたるところで 和服の晴姿 のオネーサン達を見かけましたから。

どういうことか、不思議と男性は見かけなかったですね。



江別は昨日の大雪から相変わらず雪模様の一日でしたが

どうしようもない吹雪ではなくてよかったですね。




日が暮れてから 夕食前のお風呂に入っていると

奥さんとチビ(娘)が台所で アーダコーダと ずいぶん盛り上がっています。




お風呂から上がると どうやら目的のものはめでたく完成!


冬休みの宿題で 栄養バランスいい お弁当 を つくる!(写真撮影必要)という

そのお弁当が 奥さんの調理指導のもと 何とかうまくいったようです。



成人式まではまだまだ  といったチビですが

その時までには どうでしょう?


もう少し 食べず嫌いをなくした方がいいと思いますね。


それに、写真撮影だけして 夕食に食べてしまうのなら

お弁当箱じゃなくて 父さんの皿に盛ってもいいんじゃないか・・・・と

思ったりもします。



20150111風花お弁当1
  1. 2015/01/11(日) 20:57:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   2回目の後は。

本日江別は朝から 雪 です。

高速 道央道 江別~岩見沢間が 通行止めになっているようです。

ということで窯小屋の屋根の雪をおろすことにしました。

今冬 2回目の窯小屋の屋根の雪下ろし。



大鉢の仕上げ作業中ですが・・・

納品予定の作品の事も とっても気になりますが・・・

窯小屋がつぶれては窯を焼けなくなってしまいます。


窯小屋の屋根に上って雪をおろし

危険なので母屋の雪庇も落とします。




母屋の雪庇。

この雪と氷をこれから運ぶことを考えなければ

相変わらず いいカタチをしています!



20150110雪かき3




窯小屋の雪をおろして




20150110雪かき2



母屋の屋根の雪も、雪庇もおろしました。




20150110雪かき3

その後、大鉢の彫の仕上げ作業。



予定より作業はすすみませんでしたが


この時季は仕方ありませんね。



道央道 江別~岩見沢 間も夕方には開通したようです。

お疲れ様ということで

先日、家族の誕生日のために買っておいた あまり ですね。

それでも やはり 美味ですね!

お疲れ様です!はい(笑)





20150108クラシック1
  1. 2015/01/10(土) 21:23:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   白磁急須2点   

酒の器(ブログ前回記事)だけではないですね。

昨年末から 欠品でご迷惑をかけていた

小樽 ホクレン ふうど館 さんへ 白磁急須 2点 を 納品することができました。


その他、白磁風文輪花小皿 白磁風文丸皿 も 数は少ないですが同時に。




ちょっと気が早いですが

小樽では2月6日~15日

小樽雪あかりの路というイベントがあります。


観光で小樽市に行くことがありましたら、ふうど館さんにも お立ち寄りいただければと思います。


小樽雪あかりの路イベント

そういう私はまだ一度も行ったことがないのですが、行ってみたいですね。





20150107ふうど館
  1. 2015/01/07(水) 11:51:03|
  2. 急須、煎茶の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒所 伊丹から

2014 伊丹国際クラフト展 の会期が 昨年12月23日 で終了しました。

足を運んで頂いた皆様、 年越しになりましたが ありがとうございました。


ということで、入選作品が 無事 江別の仕事場に送られてきました。

伊丹国際クラフト展の 今回のテーマは 酒器/酒杯台。



酒の器といえば 


やはり、江別で 酒器 をおかせていただいている 地酒のおおつ さん に。

ということで 入選ほやほやの 白磁水氷文杯 2点 を本日納品してきました。


入選作は 全部で 5点 ありまして

図録には 5点 そろいの写真が掲載されています。

(図録も地酒のおおつさんに置かせてもらいました)



今回の納品が2点ですから 残りの 3点は というと・・・ 

はい、嫁いでいきました(笑)


入選作品が 地酒のおおつ さん にいつまでおかせてもらえるかは

まだ決めていませんが、

新春のおめでたい時季、

お酒とともに 酒所 伊丹帰りの 器 も手に取っていただけるとありがたいです。







20150106伊丹クラフト入選杯

20150106伊丹クラフト図録表紙



  1. 2015/01/06(火) 16:31:35|
  2. 酒の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 本年も !! 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。



今年のお正月は美幌の親戚宅にて。


うちの奥さんの 御年 100歳 になる おおばあちゃん の顔を見るために

親戚 6 家族が集まる中、


祝ってもらえる元旦生まれの 我が家のチビ は幸せ者です。




20150101美幌でお正月

そして、美幌から約320Km。

少々吹雪いたりして年始早々の渋滞に巻き込まれたりしましたが

無事江別へ戻ってきました。



写真は昨年末の江別市野幌付近の一枚。

歩道専用の除雪車が 

除雪してくれて、 数時間たった後の歩道です。


まだまだ目指すべき 先は 遥か彼方 ですが

今年も一歩ずつ 前に進みたいと思います。



20141227野幌外

  1. 2015/01/04(日) 15:01:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0