北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

     あらためて。

IMG_392800webdai



IMG_391100webdai


9月22日、日本橋に行ってきました。

日本橋三越さんで行われている

第63回日本伝統工芸展(本展)を見るためと

陶芸部会の出品者研究会に参加するためです。


成田空港で少しもたついたのと、

都内で用事を済ませたのもあって、

本展会場に着いたのは13時すぎ。



会場でオレンジ色のキャリーケースをコロコロ引きながら

作品を見ていると、

誰もキャリーをひいている人がいない。(汗)


この日は三越の食堂で、出品作家の懇親会が18時からあるので

全国から多くの作家が集まっているはず!!


なのですが

皆さん、すでにホテルにチェックインしたのか

荷物を抱えている、

ましてや コロコロ転がしている方が一人もいない。

コロコロは音も響くし、大勢の観覧者がすれ違う通路ではとても邪魔 (大汗)




工芸会の知り合いが

「荷物を預かってくれるクロークが地下1階にあるよ」

と教えてくれました。



こんな素敵なシステムがあるのか!!  と

感心して 地下1階で手続きし、

再び 7階の会場に戻ると

あっという間に研究会が始まる14時です。





研究会は 三越の別室で行われました。


入落の審査された先生が

とても具体的に 審査方法や審査の流れを

スライドを交えて説明し、


かなり個別的な部分まで、その評価を解説していただきました。



とても勉強になり、刺激を受けました。





翌日も会場に行きたかったのですが、時間切れ。

午前の便で千歳空港へ。








本展の会期が始まって1週間、

「見ました~!!」  とのメールをいただいたりして、

ありがたい限りです。





とここで、

あらためて、第63回日本伝統工芸展 東京展開催のDM をお知らせします。

切手面には東京会場での作品解説などの日程が記入されています。



2016本展写真面webdai


2016本展切手面webdai



◇「世界お茶まつり2016 秋の祭典」に白磁急須を出品します。

会場 静岡県コンベンションアーツセンターほか
会期 10月27日()~10月30日()


◇北川智浩 作陶展

会場 創作陶器 平野屋 
    〒424-0817 静岡市清水区銀座10-10
    TEL 054-366-1825
会期 11月10日(木) ~ 11月15日(火)



スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 23:02:02|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     おかげ様で。


おかげ様で 9月14日、

東武池袋さんでの個展を無時終えることができました。



これまで、東京ではギャラリーさんでの個展が8回ほどで

北海道以外では 初めての 百貨店さんでの個展。


という事で

若干緊張して臨みましたが、


初日から 多くの方にご来場いただき、

本当にありがとうございました。

また、FaceBookで個展情報をシェアしていただいた皆様、
ありがとうございました。


報告が遅くなりましたが、改めて御礼申し上げます。


IMG_373100webdai
  1. 2016/09/27(火) 22:06:40|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルイカキ×プレゼント

2016091301




何度かブログでも取り上げたお話です。



マルイカキをご自宅用にお求めいただくのはもちろんありがたいのですが、

プレゼントにして頂けることも多くなってきました。

今回も、個展会場にはマルイカキに花を投げ入れていますから、見ていただいたお客様はわかると思います。

ですが、マルイカキのプレゼントを受け取った方は、

「これは何⁇ 置き物⁉︎」

もちろん、お花を生けても、生けなくても、生活空間にあって違和感の無いカタチ、

というのがマルイカキのコンセプトの一つ。

置き物でも構わないのですが、

こんな感じに生けてみても、

イイかもです♪

  1. 2016/09/13(火) 09:54:07|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃白磁の花器は “モモ”。

20160911



“マワルカキ”シリーズと

“マルイカキ”シリーズに

桃白磁バージョンが加わりました。

どちらも、関東の皆さんにみていただくのは初めてですね。




桃白磁マワルカキ では収まりが悪いので


“マワルカキ モモ” と “マルイカキ モモ”。


image1



  1. 2016/09/11(日) 08:24:43|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペインと市松文様。



5年ほど前、


どうしてもサグラダファミリアが観たくて


スペインを旅した際、

もちろん、ガウディはとても良かったのですが、




たまたまみた、アルハンブラ宮殿など中世イスラム建築。

その精緻な 幾何学文様 に 圧倒されながらも



(北川の御先祖様はお寺に眠っているので、宗教としてではなく、あくまでも文様として)



ある種の心地良さを感じました。






それから数年経って、


白磁の角皿に幾何学的な彫り文様を

と考えて、


色々試してみて、


その過程で、

流氷文様などが出てきたんですが、

市松文様(石畳文様)も、デザインとして伸びていくかも、と思いました。





そんな時に


東京オリンピックのエンブレムの再選考が話題になって、


最初に候補 作品をテレビで見たときに、


あっ、市松がある、と。



たまたま一緒にみていた中学生の娘が


「父さんどれがいいと思う?」


私「1番左の紺色の」

娘「いやいや、それだけはないでしょ」


数日後、

娘vs父の予想勝負は父の勝利に終わって、


渾身のドヤ顔をプレゼントしてあげました。




話はそれましたね。


2020年に向けて、


勝手に市松に追い風が吹いている⁉︎気分で、

もちろん、しっかり彫り込んだ市松文様の角皿。





会期も3日目。

あら、これねっ、、、と

会場で見つけて頂けたら幸いです^_−☆‼︎








20160901作品画像 09400webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/10(土) 07:47:43|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流氷文の長皿。

お陰様で昨日、無事初日を迎える事ができました。
わざわざ、初日をめがけて、足をはこんできただき
ありがとうございます。



流氷文の長皿は、、、

札幌の個展で初登場。

ですが、会期が始まる直前に
ありがたい事に
嫁いでいった長皿。

会期中は売約済みとなっていたため、
今回、あらためて制作し、焼きました。


デザインはほぼ同じですが
エッジの部分を少し変えて、
今回、3点、連れて行きます。



と、長皿は3点で、昨日、初日をむかえたのですが、

ありがたいことに開場すぐに2点が
嫁いでいくことになりました。

現在展示している1点は 高台の形が少し違います。

どうぞ、お手にとって確認していただけると
ありがたいです。

白磁流氷文長皿(約46cm)12,000円(税別)







20160901作品画像 07700webdai


20160901作品画像 07500webdai



20160901作品画像 08300webdai



20160901作品画像 08000webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/09(金) 00:04:38|
  2. 食の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日は秋色で。

201609081

おかげさまで、昨日、会場での陳列をおこない

本日、会期初日を迎える事が出来ます。


今回も、お花は、地元江別の 大麻(おおあさ)フラワーさん に

送って頂きました。





会場に 少しだけ秋色と

涼しげな空気が流れてくれればと。


画像はこちらに来る前に撮った
北海道江別の ナナカマド と 雲。


会場で、お待ちしています。

2016022


  1. 2016/09/08(木) 08:07:04|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃白磁の彫り。


白磁と桃白磁の彫りを比較します。

私の場合、
白磁作品の彫り文様は
素地を L字型の“カンナ”と呼んでいる刃物で
彫ります。
そうすると彫った部分に釉薬が厚くたまるようになり、
彫りが深く釉薬の層が厚いほど青みが増します。


桃白磁の場合は
桃色の文様を描いているのではありません。

先の尖った刃物で線を彫り
そこに 桃色のもと となる金属を埋め込みます。

もと というのは、その金属が桃色をしているのではなく

金属と後から施した釉薬の成分が焼成で反応して
桃色を発色します。


いろいろ試してみると、

線を交差させると反応して滲むように発色する事がわかりました。

なので、桃白磁作品は 彫った線が交差している文様が比較的多いです。


焼成により、反応して発色するという、この技法の特徴というのもあると思いますが

発色が今のところとても不安定ですf^_^;)



もちろん、取り組み初めてまだ数年と経験の浅さも影響していると思いますが

イメージ通り発色するかは、

焼いてみないとわからない‼︎



なんとも “やきもの” ならではの

作り手にとってはドキドキする工程を経ることになります。




桃白磁菱繋ぎ雪文角皿(中)

桃白磁菱市松文角皿(中)

image2



桃白磁菱繋文フリーカップ(小)

20160901作品画像 04800webdai


桃白磁菱繋文ぐい呑み

20160901作品画像 04600webdai



桃白磁菱繋雪文角皿(中)

image3



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)



  1. 2016/09/07(水) 08:06:46|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     流氷が溶けると。




20160901作品画像 03000webdai

今までは口ぶちに粉雪文様を施した定番のダエン皿でしたが

流氷文様が加わりました。(流氷文様ができたいきさつについてはこちら



その流氷文様。

網走、知床で少年時代を過ごした記憶では

(当時は冬になれば当然のごとくやってくる流氷が
あまりにも身近で、観察すらしなかったのですが )

春になると 氷が 若干、溶けて

それでいて、やはり氷のままで 沖に引き上げていき

サハリンの方へ帰っていきます。






という事で、かっちりと 凍った流氷文様に加えて

“溶け流氷” 文様 という事で彫りこんでみました。




氷に見立てた 三角の1つが離れていくと

あたかも周りの水に溶けていくように、、氷が小さくなって、、、、



単純なのですが、、意外と気に入っています。(笑)


白磁溶け流氷文ダエン皿  4,000円(税別)
20160901作品画像 03300webdai



もちろん、すっかり品切れになっていた、

流氷文様の角皿も出品します。

 “溶け流氷文様”があらたに加わりました。




右上が 白磁溶け流氷文角皿(小) 3,500円(税別)

20160901作品画像 06700webdai




北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)



  1. 2016/09/06(火) 01:14:36|
  2. 食の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

      入選のお知らせ。

第63回 日本伝統工芸展(本展) に入選することができました。

目標としている全国公募展の1つです。



今まで、本展での入選作品は

所謂、丸い鉢の形に、内側に彫り文様を施した作品でした。


今回は、そういう形とは全く変えて応募したので
入選することができて、とてもうれしいです。


第63回日本伝統工芸展は9月21日からの東京会場を皮切りに
2017年年3月まで、全国12会場を巡回します。



ちなみに、初日は 東京会場です。

場所は  日本橋三越本店   会期は9月21日(水)~10月3日(月) 

(第63回日本伝統工芸展の開催スケジュールに関してはこちら




私は個展終了後、北海道に戻り、

9月22日におこなわれる陶芸の勉強会(出品者のみ参加)に出席するために
会場に行く予定です。





写真は今回の入選作品ではありません。

第56回東日本伝統工芸展の入選作品で
9月8日からの個展で 見ていただけます。

2016水氷文鉢doc小


北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/05(月) 15:47:31|
  2. 公募展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

      桃白磁マグカップ。 4点。

しばらく欠品状態が続いていた

マグカップ 焼きあがりました。

お問合せがあったのですが、申し訳ありませんでした。



マグカップは磁器を作り始めた頃からの定番で

作り続けているのですが


カタチは、

微妙に変わってきていると思います。


もっと、、

シンプルで、いい感じのラインにならないかな、

と考えながら制作しています。



桃白磁 菱繋文 マグカップ。 


新作です。
4点連とれました。(少なくて、すみません(汗))

白磁マグカップも数点、連れていきます!!

20160901作品画像 13700webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




  1. 2016/09/04(日) 09:13:25|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     個展に向けて。


すっかりブログでの更新が滞ってしまいました。


個展に向けて焼いています。

というか、焼きました。


焼いている途中には

北海道に何度も台風が到来しました。

ただ、作業に追われていたため、

曜日の認識が、、、

IMG_360100webdai

大丈夫ですか~

というメールをいただきました。


江別は大丈夫です。


ですが北海道の、十勝、道東などなど

深刻な被害が報告されています。


私がかつて暮した街もひどいことになっています。

被災された皆様には、少しでも状況が良い方向にいきますように。







IMG_360000webdai


夏の窯焚きは 暑いというより 熱いです(*σ´Д`*)

焼きあがってきた作品などなど、これから紹介しますね。



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)





  1. 2016/09/03(土) 22:31:36|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0