北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

    ベリー・ベリーな季節。

20170727IMG_6006 (2)300_400


小さい頃のチビ頃は

本当に好き嫌いが激しく、


肉と魚と野菜が大嫌い!!


じゃあ何を食べるんだ~!?

という状況で、

とにかく食パン好き。



そんなチビに旭川の義母がよく作ってくれたのが

手作りジャム。

イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ハスカップなどなど。

これがとってもおいしい!!



     ※ちなみに現在はチビも高校の部活でもまれて、、
       遠征や合宿生活の食事で、基本完食という決まりのおかげで、
       今では、肉、魚、そして若干の野菜はOKだそうです。




今の工房を建てた10年ほど前、裏の畑に

ホームセンターで買ってきた ブルーベリーの苗を1本植えました。







と、これがなかなか大きくならない😢

これまで採れたブルーベリーはたぶん10粒ほど・・・・



こりゃダメだ・・


という事で
知り合いの実家の畑のブルーベリーを分けてもらったり、



近くの農園がいちご狩りをする際、


そのピークが収まったころに狙って行き

ジャム用のいちごを値切って分けてもらったりしていました。





ですが、このところ、


その知り合いの実家がブルーベリーを処分したり、

仕事で忙しくて、いちご狩りの時期を逃したりで、

なかなかジャムが作れないでいました。




そんな時、別の知り合いがブルーベリーの木を

もっていってくれるなら、分けてくれるとの事。



なんでも、庭付き一戸建てを処分して、マンションに

移られるようです。



すでに、知り合いは転居済みで

お家は無人。


7月末にはお家も庭木も更地にしてしまうとのことで

慌ててブルーベリーをほりおこしに行きました。



ワンボックスカーの後部にブルーシートで養生して現地に向かい、


ブルーベリーの木を掘り起こし、

夫婦二人で木を抱え・・・・

車に運び入れ、、、

私は幹の方を、君は根の方を・・・




久しぶりの夫婦の共同作業!?です。



20170726IMG_5966 (2)300_400




どうやらブルーベリーは根付いた模様。

少しづつ色ずく実の様子を見られるのはいいですね。





20170726IMG_5995 (2)300_400


一緒に運んできたラズベリーは

ちょっと元気がありませんが

何とか根付いてくれるといいのですが!!





20170727IMG_6014 (2)_300_361

スポンサーサイト
  1. 2017/07/29(土) 16:04:14|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干し台。

20170723IMG_5979 (2)_300_400

せっかく 鉋を掛けてまな板をきれいにしたので


まな板の干し台も製作してみました。


材料は、ロクロ制作の道具であるカメ板を作った際の

余った木材を使いました。(カメ板についてはこちら


まな板と接する部分はなるべく少ないほうが

カビが生えなくていいのでは、


と考え、鉋を掛け、鋭角に。



使用した木は集成材で少し柔らかめ。


水回りで使用するには、硬い木だったり

もっと言えば、素材はステンレスの方が適しているかもしれませんが、、、



どれくらい使えるか、

試してみましょう!!







20170723IMG_5984 (2)_300_400



20170723IMG_5985 (2)_400_306
  1. 2017/07/26(水) 08:00:13|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粘土ではなく、木を削って。

家で使っている木製のまな板。

だいぶん使い込んで、

カビが目立つようになってきたので、

鉋をかけてサンドペーパーをかけたら意外ときれいになりました。






以前、休みの日に

半日かけて、紙やすりでひたすら磨いてみたものの

期待したほどきれいにならず、断念。



なので、今回は2回目の挑戦。

横着せずに、先ず鉋掛けをすることにしました。



そんなことをしている暇があったら

個展向けの制作や締切に追われている作品の削りを!!!


木ではなくて、削るのは粘土でしょ!!

というのはごもっともなので、



それでも、まな板のカビが気になってから

かなり~の期間、仕事優先で


まな板を、、、

見てみないふりをしました。


で、どうにもこうにも、我慢ができなくなりました。



7月としては、11日連続の真夏日は、23年ぶりとなる北海道。


熱中症や食中毒への注意がラジオからしきりに流れていました。

腹をこわしては仕事になりませんね。



今回は

一度に終わらせようとせず、

使うのは、昼休みの時間を20分程度で、

忙しいときはパス。


で、そのうちできればいいや、というスタンス。







20170718IMG_5952 (2)_280_383


まな板が反っていたのと、使い込んでいたこともあり、

真ん中あたりが窪んでいて

鉋の刃が全体に当たるのに

ずいぶん時間がかかりました。




20170718IMG_5968_300_363






20170718IMG_5970 (3)_300_336


端の部分はカビが侵入してるようで

鉋を掛けてもうまく削れない。

ので、卓上ノコギリで思い切って7~8mmほどカット。





20170718IMG_5972 (2)_300_371

一度目の時は、まな板を2~3時間天日に干して乾燥させた後

サンドペーパーでやすり掛けしました。

それでも若干の水分が残っていたのか、うまくいきませんでした。



今回は表面を鉋掛けしたので、サンドペーパーがうまく掛かるようです。


20170718IMG_5975 (2)_300_419

角を面取りして終了。

少し小さく、薄くなりましたが

思いのほかいい感じです。


仕事の道具はもとより、

家の中の、身の回りにある道具を


手入れして、

長く、心地よく使う、というのは手間がかかりますが、

気持ちのいいものです。


さあ、腹を壊す可能性も少しは減った?ので

モリモリ食べて、ガンガン制作しましょう!!!





20170718IMG_5974 (2)_300_395
  1. 2017/07/22(土) 08:16:37|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うれしいお便り。


1500009823633 (2)1


嫁いだ作品が、

嫁ぎ先で、しっかり仕事をしてくれると、


そして、そんなお便りをいただいたりすることもあります。 (以前の記事はこちら


先月の銀座、ギャラリーおかりやさんでの個展で発表の作品です。



垂撥は北海道の木を、 (札幌の木工家 村木昭彦氏作)

シズクカキは

有田から取り寄せた粘土を 野幌で焼き上げました。


関東育ちのお花、しっかり受け止めてくれているようです。




  1. 2017/07/18(火) 22:29:56|
  2. 花の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

      銀座の思ひ出、、、雨、権藤!?



20170701IMG_5721 (2)_400_254
6月上旬のおかりやさんでの個展。

銀座滞在の1週間、

昼食は何を食べようかと。



初日に完売すれば何も考えずにお店に入れるのですが、

やっぱり、そうはいかない。(笑)


ギャラリーの方々にいくつか教えていただいて、

初日に行って気に入ったのが よもだ のカレー。

結局、ギャラリーで頂いた一日を除いて毎日お世話になりました。



約30年前、大学を卒業して、横浜に越してきて、

初めて行った銀座、

適当に入った喫茶店でコーヒーを頼んだら、1000円のレシート。



よく確認しなかったこちらが悪いのですが、


なんて敷居の高い街だ!! と、勝手に大嫌いな街になり、

暫らく銀座には近づきませんでした。




そう考えると、最近はリーズナブルなお店もあり、

若干親しみをもてる部分ができました。



会期中は、梅雨入りという予報でしたが、

お陰様であまり雨にあたることもなく、

天候には恵まれました。



と、ここで話が飛びますが、

梅雨時期に思いだすフレーズがあります。


『権藤、権藤、雨、権藤』


権藤とは元プロ野球投手、で現野球評論家の権藤博さん。

現在は一度先発した投手は4~5日程度間隔をあけるようですが

当時は投手が連日投げたのですね。

勝負事、

勝てる投手でいけるとこまでいく!!という感じでしょうか。


私が生まれる前に活躍された投手なので
ライブ映像を見た訳ではないのですが、

別に、権藤さんは梅雨時期にだけ 連投したわけではないと思います。



このオールド野球ファンなら知っているかも知れない、マニアックなフレーズに


子供の頃、
勝手に続きを作り、勝手に突っ込みを入れて遊んでいました。



『権藤、権藤、雨、権藤、、、、 

雨、雨、権藤、  雨、権藤!!』      


『梅雨かよ!!』



くだらない一人遊びですが、一度頭の中に浮かぶと

リフレインが止まらなくなるから不思議です。




その、雨、権藤に倣えば、

今回の銀座昼飯は 

リーズナブルながら6日間の勝負飯!!


よもだ、よもだ、雨、よもだ、、、でした。



失礼しました。(。>ω<。)ノ



20170701IMG_5672 (2)_212_400
  1. 2017/07/15(土) 08:30:44|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

    北の大地でスペース有効活用、その2。

20170701IMG_5883 (2)_300_358

以前のブログ

ポットミルの上部にキャスター付き台を製作したことを書きましたが、



そもそも、キャスター付き台車による作品収納を提案してくれたのは

展示台の改装をやっていただいた Hさん  (改装の様子はこちら



Hさんに改装をお願いする際、

もともと使っていた

メロンの空き箱が収納できるように

展示台天板の奥行寸法を出していただきました。


20170701G_5888 (2)_30_254.





スーパーで「ご自由に」という事で使い始めた  メロン箱。



蓋がついているのが優秀で、

仕切りを自作し、極力紙で包装せずに収納します。(器を重ねる際は1枚敷きます)


カップや湯呑、小品などある程度重なる器を入れる際には有効です。


車にもこのまま重ねて詰めるので、札幌など近郊で展示会に車搬入の際は

個展会場にこのまま搬入します。




展示会が終了し、搬出、

工房に戻ってきて、はい、収納!!


すぐに制作に入ります!!!

20170701IMG_5880 (2)_300_225


20170701IMG_5881 (2)_300_225


20170701IMG_5882 (2)_400_299
  1. 2017/07/11(火) 07:39:23|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

    江別やきもの市 と 迫りくる締め切り日。

今週末は人口約12万人の江別市に 約10万人(2日間)の方が訪れる

やきもの の イベント、

えべつ やきもの市 がおこなわれます。

本日は真夏日予報の江別。

土日も天候に恵まれるといいですね。




さて、江別のやきもの市ですが

残念なら、今回、私は出展していません。


江別に移り住んだ2002年から、

確か4回ほどは参加させていただいたと思います。



その後、個展やオーダーの制作スケジュールがタイトになってきた関係で

参加を見合わせるようになりました。





時折、江別やきもの市 で 私の出店ブースを

探していただいたお客様から

「一生懸命探したんですが、見つかりませんでした~」

との声を頂くことがあります。


なんだか、申し訳ない気持ちになります。




個展での出張や打ち合わせなどで不在のことも多いのですが

基本的には 江別市 野幌の
  
     
工房併設の展示場「あゆ藤」にて 作品を見ていただく事ができ、

もちろん販売もしています。
 
    (自称 江別市野幌会場で 毎日やきもの市 (笑))

 
    ※工房は JR野幌駅から徒歩約13分  札幌駅から野幌駅までは快速で約20分

    ※JR野幌駅 は やきもの市会場最寄りの JR江別駅 より 2駅 札幌寄りになります

    ※ご来場いただく場合は、事前にお電話、メール、SNSにて 所在確認をお願いしています。


   
現在は10月、

札幌東急さんでの個展へ向けて

モリモリ制作中!!!  (個展の詳細についてはまた後程。)


そして、迫りくるオーダー制作の締め切り日に向けて

(顔が)青くなりながら制作中!!!(汗)


20170706IMG_5924_350_348




20170706IMG_5879_350_354



なお、江別やきもの市には

(公社)日本工芸会 北海道研究会の作家が出品しています。

尾形香三夫さん

西村和さん

降籏ゆみさん(アトリエ・ブランネージュ)

なお、三上慶耀さんが
8日14:00~15:00  コミセンふれあい広場にて プロテクニック実演「ろくろ・型抜きのテクニック!」
をされるようです。


是非、お立ち寄りくださいませ!!











  1. 2017/07/07(金) 08:43:06|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

      伊丹へ。

先日、伊丹郷町クラフトショップに納品、発送しました。



今まで マルイカキ シリーズ しかありませんでしたが、、、




少しだけアイテムを増やしました。


作者が会場にいなくても、

とっても頑張ってくれる マルイカキ シリーズ 同様、

他の作品達も、健闘を期待します!!!



20170623IMG_5837 (2)_400_300


20170623IMG_5839 (2)_300_400


20170623IMG_5840 (2)_300_400
  1. 2017/07/03(月) 22:37:34|
  2. 常設の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     北の大地でスペース有効活用。

20170621IMG_5822_400_300


ポットミル。

粘土や釉薬の原料を粉砕・混合する機械です。

白色円筒形の磁器製ポットに原料を入れ、緑色の機械で回転させます。


時間は、目的やもちろん人によって様々ですが、数時間から1日くらい回転させておくこともあります。



ただ、使わない時は空間を占有してしまうので、

木製台を作り機械を上にのせ、

その下の部分にポットを置けるようにしました。

ここまでは10年前くらいに製作。






最近、機械の上の部分がデットスペースに思えてきました。



北の大地 北海道に工房を持ちながら


我が野幌の工房は住宅街にあり、

1階は幅3m(ゆえに2階建て、2階は幅2間ちょと)、という 


よく言えば コンパクトな作業場。 (窯小屋は別棟で、こちらは意外と余裕あり)



ないものはない!!

という事で、スペースの有効利用がとても重要な我が作業場。



そこで、台を作りました。


機械を使わない時は、


制作途中の作品を一時的に置いたり、

ギャラリーで作品を購入していただいた際の 梱包するスペースだったり、

とにかく有効活用!!です。



移動できるようにキャスターをつけたのがポイント。

しかもストッパー付き!!

ポットミル作業の際もすぐ取り掛かれます。


20170621IMG_5825 (2)_300_400


20170621IMG_5826_300_400
  1. 2017/07/01(土) 09:06:11|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0