北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

  迫る納品日と個展 の中で 「文字を彫る」

個展までの期間も一日たつごとに、一日差し迫ってきます。

当たり前ですが、焦ります。(笑汗)

そして、数か月前にお約束した、注文作品の納品日も

個展とは関係なく、差し迫ってきます。


今回は、少々納品が立て込んでしまいました。

これまでは、個展前に注文作品をいくつもお受けすることはなかったのですが、


お話をいただいて、

「個展前に この納品スケジュールをクリアできたら、少し前に進めるんじゃないかな!」


進めたかどうかは別として

これまでになくプレッシャーを味わえることはわかりました。(笑)


で、結局、焦りながらも、ひとつひとつ、丁寧に仕上げていくしかないですね。



数か月前にお受けした、今月納品予定作品のひとつは

“盃に文字を彫ってほしい”


お話をいただいたときに、“制作時間がよめる、オーソドックスで確実なデザインの 彫 ” と


“初めて試すんだけど、どれだけ手間と時間がかかるかわからなくて、しかも焼いたときに

どれほどの効果があるかわからない。でも手に取った時の感じはいいはず! の 彫 ”を

思いつき、


時間をかけられないのに、後者の方を選択してみました。

新たな 彫 を試してみたい気持ちが勝ってしまったのですね。



焼きあがった、作品はすでに納品済。


気に入ってもらえるといいですね。



2014081900結のぐい呑み2
スポンサーサイト
  1. 2014/09/03(水) 22:54:37|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 花弁を模した輪花皿 再び  | ホーム |   悔しさの 蓋向。もっとロクロひかなきゃ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/102-b43f61d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)