北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

新作急須展のお知らせ

新茶の時季です。

そして、私にとっては新作急須、湯冷ましの発表の時期です。

昨日、最後の窯の窯出しです。

今年の急須は「ボディ」から「ふた」へのラインをシンプルに丸みのある感じにしてみました。
「取っ手」も2009年発表の取っ手と似た感じです。

似た感じというのは … 実はちょっとだけラインを変えています。

もちろん若干ではありますが定番の「水氷文様」の彫をほどこした作品もあります。

2012新作急須

フリーポットは 大 中 小 と
サイズをそろえることができました。

蓋はいずれも、落ちない蓋。

落ちない蓋の細工、まだまだ手ごわいですが
何とか数をそろえることができました。ホッ。

2012新作フリーポット

発表の場所は

札幌丸井今井一条館7階の北海道クラフトさんです。
急須、フリーポット、ティーポット、カップ&ソーサーなどを常設していただいてます。

13日から19日の期間中
とりあえず13日から16日までの“出勤”は決まっております。

13日と15日には「急須の制作」というトークイベントも。
同日の玉木康雄さん(玉翠園代表、日本茶インストラクター)の講演は
わかりやすくてとても参考になります。
是非お勧めです。

副題に「白磁の急須でおいしいお茶の淹れかた」とありますように
当日は私の急須でお茶を淹れていただくということで
すでに2ヶ月前から私の急須を玉木さんにお預けしています。

お茶のプロ中のプロの方に急須をお預けする
というのは、結構ドキドキです。

「やっぱりうまく淹れられませんねー」というふうにはならないと思うのですが…

今まで私の急須に期待して
「一年でも持ちますよー」と
ありがたい“予約”で応援していただいたお客様。

最初は60個の制作したものの、乾燥、焼成、ためし淹れ、を経て、結局5個しか発表できずに
御迷惑をおかけして
結局「2年待ちましたー」と笑顔で御購入していただいたお客様

皆さんがもうちょっと急須をつくってもいいよ

と後押ししていただいたおかげで
今年も急須の新作を発表できます。

そんなわけで、頑張れ!!お預けしている白磁急須!

丸井今井キタスタイル大

詳細は丸井さんのHPから

http://www.marui-imai.jp/sapporo/s_topics/digi_catalog_top.html/

で6月13日号のデジタルカタログをクリックで2ページ目にのってます。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/12(火) 11:02:47|
  2. 急須、煎茶の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌丸井きたスタイル お茶の匠、玉木康雄氏が語る 白磁の急須でおいしいお茶の淹れ方 | ホーム | 石の蔵はやしさんでの作陶展、無事終了しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/13-8f1316d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)