北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

札幌丸井きたスタイル お茶の匠、玉木康雄氏が語る 白磁の急須でおいしいお茶の淹れ方

札幌丸井今井さんでの きたスタイルイベントが始まりました。

テーマはアーカイブ です。

創業140周年の丸井今井さん、そして創業80年の玉翠園さん。

玉翠園代表の玉木康雄さんは北海道で唯一、日本茶の淹れ方理論、健康科学の専門資格を持っていらっしゃる茶商です。

講演の題は「お茶の匠が語る」~白磁の急須でおいしいお茶の淹れ方~

2012札幌丸井玉木康雄氏講演01


右にいらっしゃる方が玉木さん、そして玉木さんの手前には

私作の白磁急須、白磁風文湯冷まし、そして湯呑10客がきれいに
並んでいます。

2012札幌丸井玉木康雄氏講演02

玉木さんの講演は今回で二度目なのですが
とってもわかりやすくて勉強になります。

そしてスライド等の資料もご自身で制作されるそうです。

オープニングスライドをはじめてみさせて頂いてびっくり

「至高の器」って…
しかもスライドにあるのは私の急須と湯冷まし…

確かにお預けしていましたが、てっきり試飲のためだと思っていました。

まさか撮影!されていたとは!

この時点で私、結構ドキドキです。はい。

2012札幌丸井玉木康雄氏講演03

玉木さんが手にされているのは

なんとお茶の木。

ご自身で種をまかれてコケを植えられて。

欠けてしまった湯呑に金継ぎしてそこにお茶の木を…

お茶を淹れる器に対する真摯な気持ち、
ものつくりとして身の引き締まる思いです。

2012札幌丸井玉木康雄氏講演05


2012札幌丸井玉木康雄氏講演06


お茶を入れていただいて…

お湯呑みのお茶を見ていただいて…

私はずっとドキドキ…

そして試飲のあと私の急須を使ってこの時季ぴったりの提案!!!
私も飲みたいかも!

続きは次回の御報告で!

なお6月15日(金)①午前11時~ ②午後14時~ 玉木さんの講演があります。
詳細は丸井さんに御予約を!

ちなみに同日①正午~ ②午後3時~で私も「白磁の急須ができるまで」のお話をさせていただきます。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/14(木) 09:30:10|
  2. 急須、煎茶の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<引き続き札幌丸井今井1条館7F「きたスタイル」です。 | ホーム | 新作急須展のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/14-eb980664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)