北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      コラボ企画、、私は“春”担当!!

今回の第4回伝統工芸北海道展では

“コラボ企画” の作品を見ていただけます。



主催の伝統工芸北海道研究会は “様々な素材を扱う作家” の集まりです。
陶芸や染織、木竹工やガラス、人形などなど。


考えてみると、やはり“~会”と名のつく多くは、
陶芸は陶芸、染織は染織・・・ だったり

そういう意味では、ある地域での異業種の会のようなものに近いのかもしれません。


工芸や様々な“道具”には

例えば、陶器の水指に塗蓋、陶器の杯に漆の托のように
違う素材を組み合わせて使用することがあります。


せっかく違う素材を扱う作家が企画展をするわけですから
何かもっと違う形で身近な作品ができないないかな?
と考えたのが今回のコラボ案のキッカケでした。


陶とガラス、陶と木工、金属とガラス素材などなど
素敵なコラボ作品を是非会場で探してみてください。




先程、違う素材の・・・ということで
コラボ企画のコンセプトを書きましたが

何事にも “例外” はあります。(笑)

私の参加させていただいたコラボ企画は その“例外コラボ”企画。
違う素材の作家さんとのコラボではなく 陶芸の先輩諸氏とコラボ。

『四季の組皿』

です。



発案者の 陶芸家 西村和 さん によると

「四季を追った組皿は私自身が一人で作りたかったものですが、
現段階では納得出来る表現に至らず、
これはコラボにて成せる作品なのでは!! と思い立った」

そうです。


西村さんから企画を伺った時

確かに自分も
「春と冬ならいけるけど 秋 なんて “モチーフ未開発”なので
今の自分には厳しいというより無理かも。
4人が各季節担当ならいけるのでは」

と OK させていただきました。


4枚組には若干違和感もありますが四季という事で。

「四季の組皿」 (口径約 13㎝ の口薄丸皿)の 担当季節 !? は

 春=北川智浩
 夏=大野耕太郎さん
 秋=西村和さん
 冬=中村裕さん

となっており、ありがたいことに私は季節のトップバッター!?を
担当しております。












20151109作品画像 03700
スポンサーサイト
  1. 2015/11/10(火) 05:58:27|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<       中級ロクロ講座2回目 “稜花皿”は札幌三越さんでも | ホーム |     イギリスからのご依頼は。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/196-6f4a981a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)