北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

急須の制作のお話

6月13日と15日、

札幌丸井さん「きたスタイル」期間中に「急須の制作」という題でお話させていただきました。

玉翠園の玉木さんがスライドを使用されるということで

一時間後に話す私も、あんまり活用できたとは言えないのですが、

スライドを使わせていただきました。


20120615急須の制作4

パソコンの横には

制作途中の急須が置いてあります。

手前から

乾燥した状態

素焼き後の状態

釉掛けをした直後の状態

手に持っているのが焼きあがった状態です


すべての急須がもともと同じサイズではありません。

乾燥 → 素焼き にかけてサイズが大きくなっていますが
通常そのようなことは起こりません。

素焼きの急須はもともとのサイズが大きかったのです。

20120615急須の制作3

素材の状態が“乾燥”とか“焼成”を経ることによって
劇的に変わっていきます。

作り手にとっては、仕事中当然にみるものなのですが
使っていただく方々にも、その素材の性質や特徴を

ちょっとでも理解していただけると、自分なりの使い方やアイディアも浮かんだりしてきて

意外と楽しいものです。

なるべくわかりやすい言葉でお話したつもりですが

なかなかない機会、こちらも緊張していましたので、

いかがでしたでしょうか?


6月13日に2回、15日に2回、各30分ほどお話させていただきました。

同じ方が2度来られたら… 同じ話でつまらないかも… と心配したのですが

そのようなことは起こりませんでした。(笑)

それでも、ちょっとづつ、この話を加えたほうがいいかも。表現はこちらのほうが…

と、少しづつ内容は変化していきました。


30分の間、皆さんとても真剣に聞いていただきまして、

足を運んでいただき、ありがとうございました。


20120615急須の制作1

スポンサーサイト
  1. 2012/06/22(金) 13:31:32|
  2. 急須、煎茶の器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノハナショウブ | ホーム | 2012札幌丸井「きたスタイル」終了しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/20-f70038c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)