北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

        ガス窯のはなし。

私は、ガス窯1台と電気窯1台で仕事をしています。



先日、窯づめの作業を終えました。


IMG_252600web




このガス窯、

11年前に、現在の工房を建てるのと同時に
今は亡き、横浜の先代の親方から譲っていただきた 窯です。



それまでは、今も使っている小型の電気窯一台での焼成でした。


独立して初めて購入したのが 電気窯。

仕事などまったくない中で購入を決めたこともあり
不安だったのでしょう、
小さい窯にしてしまいました。

頻繁に釉薬のテストを焼くことができたことはよかったのですが

しばらくして、
個展をし、公募展に出品するようになると
その小ささに ストレス を感じるようになりました。

当時は成功率も低かったので、
出品用に口径23cm程度の5枚組の皿をそろえるためには
20枚程度焼いた中から 5点を選び、組ませたりするのですが、
窯が小さいので一度に焼けない。

数回に分けて焼くと時間もかかり、
その時の焼成によって雰囲気が変わってきたりと・・・


そして、当たり前ですが
小さい窯には大きな作品が入らない。(苦笑)

でも当初は、そんな当たり前のことも、わかっていませんでした。



当時はそれが ストレス となり始めて
制作のイメージや考え方まで 小さく小さくなっていきそうな気がしました。

これはいかん!!ということで、
いろいろ調べたり、見積もりをとってもらうと
新品の大きな窯を購入することは無理。


で、弟子の頃に紹介してもらった 瀬戸の窯屋さんに相談してみると

「お前の大親方が ガス窯 の引き取り手を探しているぞ~」

ということで、話はトントン拍子に。



実はこのガス窯は、私が弟子をさせてもらっていた時に
先代の親方が新たに山梨県の境川村(1997年当時、現、笛吹市かな?)に工房を建てることになり
その際、瀬戸の窯屋さんにつくらせたもの。


で、当時の仕事場の横浜から通ったり、
境川の方に泊まりながら、窯小屋をつくるお手伝いをしました。

窯の設置 と 窯小屋を一から作ることに
携われたのはとてもいい経験となったことは言うまでもありません。


このガス窯は 大きさは 約2.2m四方ですが、
重さが2トン以上あるので移動が大変です。
磁器の冷め割れを防ぐために、窯の壁を厚めに設計したためです。

境川の工房では、まず、コンクリートの基礎をうって、
クレーン付きのトラックで窯を設置してから窯小屋を建てました。

当時は窯小屋に車ごと乗りいれる必要もなかったので
大きな出入り口をつくりませんでした。

つまり、窯を移動する際には、

一度屋根をばらす→窯をクレーンで吊り出す→屋根を元通りにする
ということが必要です。



当然、先代の親方に
「北海道まで窯を送ってください~お願いします!」
と、“電話でお願いして済む話” ではありません。


久しぶりに山梨の境川に泊めてもらい
屋根をばらして窯を搬出し、屋根をもとに戻しました。

弟子時代の大工仕事を、その何年か後に
再びやり直すことになって、これが意外と楽しかったのですが

窯を積んだトラックを見送った後は急いで北海道に戻りました。



ちなみに、山梨から野幌の工房への輸送は地元江別のトラック業者さんにお願いしました。

紹介していただいた S社長は やきものに造詣があったこともあって
北海道の荷物を関東まで運んで、カラで帰ってくるというトラックを
何とか山梨まで手配して頂いたり、
輸送費に私の作品を加えることでかなり勉強していただきました。


そして何より先代の親方。
窯道具も温度計も、、
これももってけ、あれももってけと分けていただき、

トラックの運転手さんに
「北海道までよろしく。大きな衝撃を与えないで。」と自らの作品まで渡していただきました。



本当にありがたかったのは
焼成のデータ 、特に失敗した時のものまで いただけたこと。

窯にはそれぞれ “くせ” みたいなものがあるので
新しい窯は 探りながら の焼成になることが多いです。

窯は中古ですが、私にとっての初窯の際も焼成に関しては大きな失敗もなく
乗り切ることができました。


その後10年、つくり が悪くて割れてしまった大鉢はたくさんありますし、
焼成に関する自分なりのデータもそろい、当時とは少し違う焼き方になりましたが、

現在もこのガス窯で仕事ができています。


IMG_253700web



写真は
ガス窯を運んできた次の年に焼いた「白磁渦巻文大鉢」(径53cm 2006年制作 )、
先代の親方から頂いた焼成データ。




渦巻文鉢2005web

IMG_253400web大

スポンサーサイト
  1. 2016/02/20(土) 16:15:00|
  2. エピソード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<       3回コース。 | ホーム |         雪かきのあとは。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/239-eed74e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)