北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

        朝歩き。 その1

平日の朝、歩くことを日課にして数年が経ちます。

といっても、夏は自転車で、雨や雪が降ると歩きです。

自転車に取り付けた装置で計測してみると
朝、歩く距離はだいたい2.5Kmくらい。

集計した記録を見てみると
2014年 歩く距離 372.5㎞  自転車 762.5㎞ 
2015年 歩く距離 264.0㎞  自転車 609.0㎞ 

朝歩きも自転車も、
特に自転車はもっと距離をのばしたいのですが

数年前、とにかく自転車の距離をのばすことに夢中になって
体を痛めてしまい、仕事に影響を及ぼす羽目になってしまったので、

無理をしない事にしました。(苦笑)



住居の隣に仕事場


独立してから一度、仕事場を移しましたが、
常に住居の隣に仕事場があります。

当初は、不安があったことが大きいと思うのですが

「休んでいる時間はない」 

と必要以上に自分にプレッシャーをかけて
とにかく、今思えばダラダラと仕事をしていました。

窓の外の朝日を見ながら仕事を始め、夜、暗くなるまで
食事以外は、気づいたら同じ場所に座って、ずっとカリカリ彫っていた
という作業を数日続けても、

ON、OFFのスイッチの切り替えができてれば
きっと問題なかったのかもしれません。

住居と仕事場が扉ひとつで移動でき、
移動に時間を取られないのはメリットのはずなのに

住居スペースで リフレッシュ することができずに
仕事を引きずっていたのでしょう。

個展前などは特に根を詰めて制作しますので
終わると、燃え尽きた感じになり、
直後は制作の能率がガクンと落ちました。



朝歩くこと

当時、幼稚園にチビたちを送り迎えに行く役割がありました。
これがきっかけで仕事の時間が朝型になり、
規則的なリズムみたいなものが出てきて、

規則正しく生活することで作業の能率が上がる
ということが次第に実感できてはいたのですが

相変わらず ON、OFFの切り替えは下手な方で、
個展などがあっても年間を通して仕事の効率が落ちないようにすることが課題でした。





最初は夕方、ちょっと作業が一区切りしたところで、
住宅街の中をただ歩いてみましたが全然面白くない。

住宅街がいけないんじゃないかということで
1周700メートルの周回コースのある公園に車で12分位かけて行き
歩いてみました。
これはよかったのですが、往復30分近くの 通うための時間が必要なので
毎日という訳にはいかない。

やはり歩くなら近所。

街路樹や木々の多いところや 畑や山が見えるところといった
気に入った景色の場所をつないで歩くコースにしてみたら、
これが意外と厭きない。

住宅街の真ん中なのですが
季節によって木や畑を歩きながら見ることが
意外と楽しい。


焼成で予想以上の失敗作が出た時などは
木々や雲などを見ながら
「終わったことは変えられない、切り替え切り替え!!」と
気持ちを切り替えるキッカケになりますし

何より、

ただ黙々と歩いていて、時々フッと新しいデザインやアイディアが浮かんで来たりするのですから

この時間も侮れません。





IMG_240900webdai


IMG_241100webdai


20160210ツグミ_ヒヨドリ_キレンジャク 07800web


スポンサーサイト
  1. 2016/02/27(土) 15:34:13|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<      伊丹へ。       | ホーム |        3回コース。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/243-121295ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)