北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

第2回伝統工芸北海道展

第2回伝統工芸北海道展が昨日、無事札幌三越で開催されました。

(11月6日~12日 午前10時~午後7時、最終日は午後4時閉場 9F美術画廊で入場無料)

急いでいると通り過ごしてしまうのですが

入り口の映像は

東京から賛助出品していただいた桂盛仁先生の制作画像です
桂先生は彫金の重要無形文化財保持者(人間国宝)です。

桂先生、急な申し出にかかわらず、こころよくDVDを貸していただきありがとうございました。


2012伝統工芸北海道展1


こちらの映像、思わず「すごい」っと見入ってしまいます。
実際しばらく立ち尽くしてしまいました。

しかしながら、会場入り口に関係者が立ち尽くしていてもよくない…

と思い中に入って会場内のお仕事を。

でも会期中、きっと、“とうし”で見てしまうかも。日本工芸会の伝統工芸なぞなぞ百科
もわかりやすく解説してくれます。

北海道の会員作家の作品、賛助の作家の方の作品、まだまだ「すごい」は、いっぱいあるのですが、
もう1点。

勝城蒼鳳先生の柾割釣花籃(まさわりつりはなかご)「雲龍」。

会場で天井から吊っている花かごがあります。
こちらの作品、鎖のように見える部分もすべて「竹」では、とのこと。

「すごいっ!!」

勝城先生も竹工芸の重要無形文化財保持者です。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/07(水) 22:24:35|
  2. 企画展/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回伝統工芸北海道展 作品解説 | ホーム | 「いい急須」?「たつ急須」?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/30-7f1f908c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)