北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

        戻ってきてくれた湯呑。

IMG_328900webdai


8~9年前に制作した湯呑が手元に戻ってきました。

当時、お買い上げのお客様からお借りしました。

今はあまりおこなっていないイッチンの文様。

画像ではわかりにくいのですが、 横方向に細かいイッチンの線が入っています。






お客様からのオーダーは

「もし、在庫がなければ、、

手になじんでいて、
できれば同じカタチ、デザインが気に入っているので、

2点持っているのですが
来客用に、同じものを5点作ってくれませんか?」




長く使っていただいて、その上でのご注文。
本当に、ありがたい限りです。

もちろん、たとえ1点でも作らせていただきます。はい!!




オーダーの際、大きさのご指定は 寸法 でいただくことも
ありますが

実際、これくらい と 実物を お借りできると
かなり助かります。

私の磁器土は ロクロ成型から焼成に至るまで
約15%小さくなります。

ですから、焼き上げたい寸法から逆算して
約15%大きくロクロ引きするわけです。

約15%といっても
縦方向と 横方向、
その収縮は若干違ったりします。

何より、画像ではなかなか記録するのが難しい
器の見込み(内側)のライン や 手取り(持った時の感じ)等も、

実際お借りできると、手で持って触って、確認できるので助かります。



ただ、これらはこちらの技術の問題ですから
本来ですと、イメージをお伺いして、満足いただけるものを作るのが
当然なのですが!!



そして、焼成で問題が起こることも多いので
5点のオーダーで5点のみロクロ引きして焼き上げる!?


残念ながら、そんな強気な!!、、制作をするためには

もっともっと、技術力を上げる必要があります。



北川智浩 展
6月1日(水)~7月30日(土)
定山渓 ぬくもりの宿ふる川 地下1F 『ギャラリー蔵』

壁面の絵画は 水彩画 浅野俊紀 さん 




スポンサーサイト
  1. 2016/06/15(水) 08:04:16|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<      12.5~13.5mm。   | ホーム |      スクラップ & ビルド!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/306-32ff28b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)