北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      12.5~13.5mm。  

IMG_328700webdai

杓立て。

お茶の道具で、柄杓を立てる際に使用します。




形状は様々あるようですが

私に依頼していただいた 杓立て は

いくつか細かいご指定があります。


そのうちの1つは
一輪差しのように見える形の上部 “くち”の部分の “内径”

でした。



いい感じに 柄杓が “すっく” と立つためには

その内径が 約12,5~13.5mmというのがわかってきました。


正確なはかりを用いているわけではないのですが、

誤差±0.3mmくらいだと場合によっては良かったり悪かったり、、、


で、、、誤差±0.5以上だと、、ボツ、、、

使えない道具となってしまいます。(涙)




もちろん、内径ばかりではなく

外側のカタチも美しくありたいものです!!



まだまだ、下手くそなのでガンガン、ロクロ、引きます。

早く、こういったオーダーも鼻歌しながらの制作、、

といきたいところですが~~!!


20160611杓立 00100webdai


スポンサーサイト
  1. 2016/06/18(土) 06:31:15|
  2. お茶の道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<      総入れ替え。 | ホーム |         戻ってきてくれた湯呑。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/307-93d49cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)