北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

        「制約があったほうが燃える!?」 

IMG_331400webdai


野幌の工房での
磁器の電動ロクロ3回コース。



セラミックアートセンターでの 出張講座(電動ロクロ中級コース)にも
毎回参加していただいている Yさん、I さん。

お二人とも、“土もの” の 電動ロクロはお手の物ですが、

一度、磁器土を ロクロ引き してみたいという事で、

工房まで来ていただくことになりました。




磁器電動ロクロ3回コースでは

1回目 ロクロ引き
2回目 削り
3回目 削り&彫り

となります。


大抵は、寸法を決めずに、自由に小鉢などを作り

それとなく削ることが多いのですが




お二人とも、

「制約があったほうが燃える!?」  という事で



寸法を決めて、

お題は “蕎麦猪口”。





先日、無事3回目が終了しました。

短い期間でしたが、

土ごろし、磁器のこと、彫りのコツ、道具のあれこれ・・・


さてさて、お持ちの “ヒキダシ” に

たくさん、詰めて、お持ち帰りいただけたら~(´∀`*)


IMG_332500web

スポンサーサイト
  1. 2016/06/23(木) 21:51:58|
  2. 陶芸教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<        カメ板を作る。 | ホーム |       総入れ替え。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/312-cf4ce332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)