北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

スペインと市松文様。



5年ほど前、


どうしてもサグラダファミリアが観たくて


スペインを旅した際、

もちろん、ガウディはとても良かったのですが、




たまたまみた、アルハンブラ宮殿など中世イスラム建築。

その精緻な 幾何学文様 に 圧倒されながらも



(北川の御先祖様はお寺に眠っているので、宗教としてではなく、あくまでも文様として)



ある種の心地良さを感じました。






それから数年経って、


白磁の角皿に幾何学的な彫り文様を

と考えて、


色々試してみて、


その過程で、

流氷文様などが出てきたんですが、

市松文様(石畳文様)も、デザインとして伸びていくかも、と思いました。





そんな時に


東京オリンピックのエンブレムの再選考が話題になって、


最初に候補 作品をテレビで見たときに、


あっ、市松がある、と。



たまたま一緒にみていた中学生の娘が


「父さんどれがいいと思う?」


私「1番左の紺色の」

娘「いやいや、それだけはないでしょ」


数日後、

娘vs父の予想勝負は父の勝利に終わって、


渾身のドヤ顔をプレゼントしてあげました。




話はそれましたね。


2020年に向けて、


勝手に市松に追い風が吹いている⁉︎気分で、

もちろん、しっかり彫り込んだ市松文様の角皿。





会期も3日目。

あら、これねっ、、、と

会場で見つけて頂けたら幸いです^_−☆‼︎








20160901作品画像 09400webdai



北川智浩 作陶展
東武百貨店 池袋店 
会期 9月8日(木) ~ 9月14日(水)
    10:00 ~ 20:00 (最終日は16:00閉場)




スポンサーサイト
  1. 2016/09/10(土) 07:47:43|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 桃白磁の花器は “モモ”。 | ホーム | 流氷文の長皿。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/360-6bcf0848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)