北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      瓶掛の制作、その2。


(その1は こちら




焼成中、楕円に変形してしまうのを防ぐために、

まず、単純に、底の部分の ”厚み” を厚くしました、がダメでした。



次に、‟逆さにして” 焼いてみました。


瓶掛は、
内側の底のあたりは、釉薬を掛けません。

その部分を、同じ磁器土で 筒状の道具を作り、
逆さに受けて、口縁部分を浮かせて焼きましたが

やはり、変形してしまいました。

しかも
見込み(内側)の 芯 から少し外れて 受けてしまったために

いびつな形に歪んでしまいました。



この方法は、もう少しデータを取れば意外といけるかもしれません。

ただ、見込みの 芯で きちんと逆さに受けることと、
受ける筒状の道具の 直径 が重要な気がします。





瓶掛は、
3つ足で受けていることよりも
前部に切り込みが入っていることのほうが、

変形につながっているような気がします。


焼成中、窯の中で、1250℃以上に熱せられた磁器素材は

真っ赤に熱せられ、   (→難しく言うと、釉薬の融点は超えていますが、素地の融点は超えていない状態)

形が不安定になります。



逆に言えば 通常の 口ぶちが丸く、丸い高台の器 というのは 
本当に、‟安定した形”  なのですね。



20170113_4911 (2)_400_422





3つ足というと、
同じ茶道具の ‟香炉”(こうろ) があります。 

その、香炉の焼成で行う技法を試してみました。



3つ足の内側に ‟受ける部分” を作り

その部分には釉薬をかけないようにします。


その ‟受け” の径に合わせて、丸い筒状の道具を制作、

その道具で受け、足の部分を浮かせて焼くと

それほど変形しないということがわかりました。


20170113_4914 (2)_350_466







丸い筒状の道具は同じ磁器土で作りました。


素焼き後の本焼き焼成で 大きさは 約8~10% 収縮するのですが

瓶掛と 受け台が ‟同じように収縮” してくれないといけないからです。

もっとも、収縮率さえ同じで、焼成に影響を与えなければ
違う土を使っても構わないと思います。




それにしても、焼成に専用の道具が必要なんて~
しかも、同じ収縮率でないといけないなんて~

焼成後は、人一倍働いてもらいたいものです!!(笑)




20170113_4919 (2)400_324



北海道どさんこプラザ札幌店に出展しています
  場所  JR札幌駅西通り北口 「北海道さっぽろ[食と観光]情報館(愛称:キタベル)」内
  会期 11月上旬~2017年4月下旬

◇第63回日本伝統工芸展 仙台巡回展に出品しています
  会場  仙台三越 
  会期 1月25日(水)~1月30日(月)

日本陶磁協会賞 受賞作家展
  会場 和光・銀座本館
  会期 2月1日(水)~2月14日(火)
  
  ※会期中、会場にて出品作家によるギャラリートークを予定しています。
   2月4日(土) 14:00~  日本陶磁協会 現代陶芸奨励賞 北海道展 受賞作家5名






スポンサーサイト
  1. 2017/01/13(金) 20:44:57|
  2. お茶の道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<      雑誌「陶説」掲載のお知らせと汝窯水仙盆。 | ホーム |        瓶掛けの制作、その1。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/407-969457e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)