北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      桜の彫文様。

20170119_400_499IMG_4938 (2

桜の彫文様の鉢(桜鉢)の制作では、

5種類の刃先の道具を使っています。



花弁が層に重なっている場合は、
花弁の彫り方を変えて、

奥行き感や華やかな感じが出ればと、思っています。



桜を文様として、彫り始めてから、かれこれ10年近く経つと思います。


きっかけは工房の前に咲いていた隣の家の山桜。

それと、家の前に勝手に生えてきた芝桜。(笑)



北海道に移ってきた時、

生まれて、幼い頃を過ごした土地ということで、
冬の暮らしなんかも、

もう余裕で大丈夫!!という感覚で戻ってきたのですが、



実際暮らし初めて見ると、

寒さや除雪の手間、
寒さが厳しくなるにつれて上がっていく灯油価格など、

思いのほか冬の暮らしが厳しかった。




高校までは暮らしていたといっても、子供として、守られいたんですね。

ところが、移って来た時は、家族の安全を守る立場になったという、
立場の変化が大きいと思います。



そうして、冬を無事に越すと本当にホッとします。



もっとも、40年前はもっと冬を越すのに今とは比べ物にならないほど
手間がかかったリ、大変だったのでしょうが。




工房の前の桜が咲く5月初旬、

工房辺りでは、もうさすがに雪かきの心配はしなくていい。
(峠はまだ吹雪いたりしますが、)


そんな、冬を越えた、ホッコリとした感じを、器に落とし込めれば、と。




桜の彫は、初期の頃から、少しづつマイナーチェンジしています。

集中して彫っても一日に数を彫れないのですが

もう少し、、
こうしたほうが、、よくなるのでは、、、

との繰り返しです。



20170118_430_430IMG_4932



北海道どさんこプラザ札幌店に出展しています
  場所  JR札幌駅西通り北口 「北海道さっぽろ[食と観光]情報館(愛称:キタベル)」内
  会期 11月上旬~2017年4月下旬

◇第63回日本伝統工芸展 仙台巡回展に出品しています
  会場  仙台三越 
  会期 1月25日(水)~1月30日(月)

日本陶磁協会賞 受賞作家展
  会場 和光・銀座本館
  会期 2月1日(水)~2月14日(火)
  
  ※会期中、会場にて出品作家によるギャラリートークを予定しています。
   2月4日(土) 14:00~  日本陶磁協会 現代陶芸奨励賞 北海道展 受賞作家5名



スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 10:38:32|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<       窯小屋の氷柱。 | ホーム |       雑誌「陶説」掲載のお知らせと汝窯水仙盆。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/410-9af52bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)