北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

   工房併設、展示スペースを改装。


09 (2)_400_267

江別の仕事場に併設している作品展示販売スペース。




20111120作陶展 004_400_267

工房に併設している展示場を改装しました。

ここには棚をつけて、ここには〜、と

イメージはあったものの、

工房&展示場を建てた頃からほとんど手つかずの状態でした。





前の作業場から、今の工房へ移転することが決まって、
先ずは 工房の作業場の方を優先。


外側(外壁)と水道、配線等は業者にお願いし、

中で、作業に関するあれこれ、

テーブルや作業台、業務用流しの設置、その他諸々の道具を2ヶ月くらいかけて作りました。

とりあえず制作が出来る状態にすることが最優先。






数年たって、個展のペースなどが

落ち着いてから、

ここに乾燥棚が欲しい、ここには大物用の作品棚、教室電動ロクロスペースと

毎年少しずつ作り足していきました。



工房の制作環境の改善は作業効率のアップに繋がるので

ガンガン作っていきたいのですが、

その間、実際の制作はストップする事になるので

1度に全に手をつけるという訳にはいきません。




展示場も大切な事は充分承知していたのですが、、、

やりはじたら、嫌いじゃない大工仕事、

納得いくまでやってしまします。笑







「今入っているスケジュールだと、向こう2年位は、展示場の改装に手をつけられないですね〜」と

たまたま来ていたHさんに何気なく話していると、



「やってあげるよ」


とこの事!!!!


えっ!!!



そう言えば Hさん は

リタイアされた後、知り合いのお家の棚や収納スペースをつくられているのでした。




折しも、ジョイフルAKが江別市内、

それも とっても近くにオープンして、とびきり リーズナブルな集成材 が開店セールのチラシに‼︎



タイミングが良かったのですね。


そして、一番何とかしたかったのは、在庫作品の収納。

展示台下のスペース。



在庫作品が制作用の乾燥棚まで溢れて困っていたのを改善できた事です。



この点が改善された事で、


在庫管理がしっかりできて、
オーダー制作にも迅速に対応‼︎




という風にはいかないと思いますが

(やはり在庫切れが多く、オーダーにはサンプル制作も含めて時間が〜)

一歩づつ改善、改善!!です。


   ** 工房併設の展示場  “あゆ藤” は不定休です。
       平日はほぼ 作業場で制作していますが 
       打ち合わせや私用で外出していることもあります。

       お手数ですが 事前に確認の上ご来場お願いします
         電話 011-381-1611 
         https://www.facebook.com/tomohiro.kitagawa.102 
         https://www.instagram.com/tomohiro_kitagawa/




20170520IMG_5332 (2)_350_262


20170520IMG_5373 (2)_400_300

20170520IMG_5380 (2)_400_300



20170520IMG_5379 (3)_400_285



スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 05:48:28|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< メンテナンスで。 | ホーム |        前向き‼に解釈。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/458-733c208f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)