北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

季刊誌「カイ」で紹介されました

季刊誌「カイ」KAI で紹介されました。

“知る、愉しむ、創る。 ホッカイドウマガジン” です。


2013年Autumn号で 10月20日発行(私の記事はP40)。

今回の特集は「ものづくりと、つくりびと」。


http://www.northerncross.co.jp/

急須をつくるきっかけや
つくり始めで なかなかうまくいかなかった頃の話も・・・

確かに、最初のころは試行錯誤が続いて

ほとんどが乾燥の段階でヒビが入りボツ(泣)

ようやく焼けて、よし、鉄粉もふいてない。

“白磁”としてはいける。


で、ためしに水を入れて「キレ」を確かめてみたら・・・(大泣)



「大丈夫」   
「いやこのキレでは出せない」
「いや、もう一回」・・・


で、何時間も焼きあがったばかりの急須を試していました。

結局、疑わしいものは出せない。ということでOKを出したのは半分もなかったと思う。



その時のことを家族は

「お父さん、怖い顔して何度も急須に水を入れては注いで・・・怖かった」




と、紙面ではここまで“こいー話”は書いていませんが

取材先の進呈品ということで、雑誌を2冊送っていただいて、

読み返しているうちに、ちょっとばかり思い出してしまいました。



私、「ものつくり」 と呼んでもらえると、とてもしっくりくる感じがします。

分類上、陶芸家なんですけど

それよりも、もっと大雑把に、ものつくり と呼ばれ

できれば いいものつくり になることができればと 思います。







雑誌「カイ」表紙1
スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 22:35:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FARM IN EBETSU に参加します | ホーム | 第9回江別陶芸会展に参加します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/57-34e8594e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)