北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

札幌ナイト 先程まで会場のお皿を “そう料理” してくれましたか!(感激)

20140621札幌三越

個展も残り2日。

ということで、やはり札幌ナイト! は 

札幌駅北口の居酒屋 味百仙さん で元気液 注入!

たくさんの作家ものの器を 気取らず素敵に使ってくれるお店です。



お店の大将には、もう10年前くらいに 私が札幌のギャラリー喫茶で小さな展示会をした時から

足を運んでいただいています。

当時、まだ白磁の焼成がうまくいかず ひと窯全部割れたり、黒いシミが出たりの中、


やっとのこと展示会に間に合わせたお皿を手に取って



「これ、何を盛り付けて使うの?」  と。


核心を突かれて言葉に詰まる私(大汗)

 “つくり” や ”焼き” のことで いっぱいいっぱいな状況で

一番大切な “使い手への思い” がまったく足りなかったんですね。



そんな時から、ありがたく お付き合いしていただいてますが、

私がお店に伺った際に 購入していただいた器に

料理を盛っていただくようになったのはごく最近。




かなり以前に購入していただいた器にお刺身。

それが前触れもなく、 スッ  と目の前に出てくると



一瞬 カウンターパンチをくらったように 脳みそがフリーズ しかけますが



「こんなふうに盛ったのははじめてだけど 意外と決まってるね」



と、喜んでいいのか悪いのか判断がつかない素敵な言葉をいただきながら、



「こういうの、楽しいなー。 もっといいものつくりたい!」

と思い 元気液を 注入します。





で、今回は、

「丸いのは久しぶり。 うまく いかない(盛れない)と気分わるいんだよなー」と大将。



鏡のように研がれた黒檀の柄の刺身包丁 と 無駄のない動き。


先程まで個展会場にあった 水氷文のお皿に 本日の刺身盛り合わせ。


相変わらずいいのか悪いのか判断のつかない言葉の真意は

自らの曇りなき眼(まなこ)で!


やっぱり、こういうの たのしい!




20140621味百仙1
スポンサーサイト
  1. 2014/06/22(日) 08:29:43|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 三度目のW杯 最終日の朝 と 初心 | ホーム | お陰様で ぐい呑み 嫁ぎ先が次々と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayufuji2005.blog.fc2.com/tb.php/93-af9e10fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)