北川智浩の白磁と自転車

北海道の江別市で陶芸(白磁)の制作をしています。

      銀座の思ひ出、、、雨、権藤!?



20170701IMG_5721 (2)_400_254
6月上旬のおかりやさんでの個展。

銀座滞在の1週間、

昼食は何を食べようかと。



初日に完売すれば何も考えずにお店に入れるのですが、

やっぱり、そうはいかない。(笑)


ギャラリーの方々にいくつか教えていただいて、

初日に行って気に入ったのが よもだ のカレー。

結局、ギャラリーで頂いた一日を除いて毎日お世話になりました。



約30年前、大学を卒業して、横浜に越してきて、

初めて行った銀座、

適当に入った喫茶店でコーヒーを頼んだら、1000円のレシート。



よく確認しなかったこちらが悪いのですが、


なんて敷居の高い街だ!! と、勝手に大嫌いな街になり、

暫らく銀座には近づきませんでした。




そう考えると、最近はリーズナブルなお店もあり、

若干親しみをもてる部分ができました。



会期中は、梅雨入りという予報でしたが、

お陰様であまり雨にあたることもなく、

天候には恵まれました。



と、ここで話が飛びますが、

梅雨時期に思いだすフレーズがあります。


『権藤、権藤、雨、権藤』


権藤とは元プロ野球投手、で現野球評論家の権藤博さん。

現在は一度先発した投手は4~5日程度間隔をあけるようですが

当時は投手が連日投げたのですね。

勝負事、

勝てる投手でいけるとこまでいく!!という感じでしょうか。


私が生まれる前に活躍された投手なので
ライブ映像を見た訳ではないのですが、

別に、権藤さんは梅雨時期にだけ 連投したわけではないと思います。



このオールド野球ファンなら知っているかも知れない、マニアックなフレーズに


子供の頃、
勝手に続きを作り、勝手に突っ込みを入れて遊んでいました。



『権藤、権藤、雨、権藤、、、、 

雨、雨、権藤、  雨、権藤!!』      


『梅雨かよ!!』



くだらない一人遊びですが、一度頭の中に浮かぶと

リフレインが止まらなくなるから不思議です。




その、雨、権藤に倣えば、

今回の銀座昼飯は 

リーズナブルながら6日間の勝負飯!!


よもだ、よもだ、雨、よもだ、、、でした。



失礼しました。(。>ω<。)ノ



20170701IMG_5672 (2)_212_400
  1. 2017/07/15(土) 08:30:44|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

    北の大地でスペース有効活用、その2。

20170701IMG_5883 (2)_300_358

以前のブログ

ポットミルの上部にキャスター付き台を製作したことを書きましたが、



そもそも、キャスター付き台車による作品収納を提案してくれたのは

展示台の改装をやっていただいた Hさん  (改装の様子はこちら



Hさんに改装をお願いする際、

もともと使っていた

メロンの空き箱が収納できるように

展示台天板の奥行寸法を出していただきました。


20170701G_5888 (2)_30_254.





スーパーで「ご自由に」という事で使い始めた  メロン箱。



蓋がついているのが優秀で、

仕切りを自作し、極力紙で包装せずに収納します。(器を重ねる際は1枚敷きます)


カップや湯呑、小品などある程度重なる器を入れる際には有効です。


車にもこのまま重ねて詰めるので、札幌など近郊で展示会に車搬入の際は

個展会場にこのまま搬入します。




展示会が終了し、搬出、

工房に戻ってきて、はい、収納!!


すぐに制作に入ります!!!

20170701IMG_5880 (2)_300_225


20170701IMG_5881 (2)_300_225


20170701IMG_5882 (2)_400_299
  1. 2017/07/11(火) 07:39:23|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

     北の大地でスペース有効活用。

20170621IMG_5822_400_300


ポットミル。

粘土や釉薬の原料を粉砕・混合する機械です。

白色円筒形の磁器製ポットに原料を入れ、緑色の機械で回転させます。


時間は、目的やもちろん人によって様々ですが、数時間から1日くらい回転させておくこともあります。



ただ、使わない時は空間を占有してしまうので、

木製台を作り機械を上にのせ、

その下の部分にポットを置けるようにしました。

ここまでは10年前くらいに製作。






最近、機械の上の部分がデットスペースに思えてきました。



北の大地 北海道に工房を持ちながら


我が野幌の工房は住宅街にあり、

1階は幅3m(ゆえに2階建て、2階は幅2間ちょと)、という 


よく言えば コンパクトな作業場。 (窯小屋は別棟で、こちらは意外と余裕あり)



ないものはない!!

という事で、スペースの有効利用がとても重要な我が作業場。



そこで、台を作りました。


機械を使わない時は、


制作途中の作品を一時的に置いたり、

ギャラリーで作品を購入していただいた際の 梱包するスペースだったり、

とにかく有効活用!!です。



移動できるようにキャスターをつけたのがポイント。

しかもストッパー付き!!

ポットミル作業の際もすぐ取り掛かれます。


20170621IMG_5825 (2)_300_400


20170621IMG_5826_300_400
  1. 2017/07/01(土) 09:06:11|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メンテナンスで。

関東での個展出張も

何度も行っているので

楽勝気分でいましたが、


ここのところ、個展&オーダー締め切りスケジュールがタイトだった事もあり、


特に東京都内の常宿、


エコノミーな宿の
エコノミーなベッドがきつい年頃になってきたのでしょうか


そんな不経済な身体になってはいけない‼︎



と、朝チャリを自粛して散歩に切り替え、

かかりつけの接骨院でビビビッ〜とメンテナンス‼︎

メンテナンスで、、、

もうしばらく、エコノミー対応かつ無理のきく身体へ!!!



20170620IMG_5791 (2)_400_300

  1. 2017/06/27(火) 21:29:21|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   工房併設、展示スペースを改装。


09 (2)_400_267

江別の仕事場に併設している作品展示販売スペース。




20111120作陶展 004_400_267

工房に併設している展示場を改装しました。

ここには棚をつけて、ここには〜、と

イメージはあったものの、

工房&展示場を建てた頃からほとんど手つかずの状態でした。





前の作業場から、今の工房へ移転することが決まって、
先ずは 工房の作業場の方を優先。


外側(外壁)と水道、配線等は業者にお願いし、

中で、作業に関するあれこれ、

テーブルや作業台、業務用流しの設置、その他諸々の道具を2ヶ月くらいかけて作りました。

とりあえず制作が出来る状態にすることが最優先。






数年たって、個展のペースなどが

落ち着いてから、

ここに乾燥棚が欲しい、ここには大物用の作品棚、教室電動ロクロスペースと

毎年少しずつ作り足していきました。



工房の制作環境の改善は作業効率のアップに繋がるので

ガンガン作っていきたいのですが、

その間、実際の制作はストップする事になるので

1度に全に手をつけるという訳にはいきません。




展示場も大切な事は充分承知していたのですが、、、

やりはじたら、嫌いじゃない大工仕事、

納得いくまでやってしまします。笑







「今入っているスケジュールだと、向こう2年位は、展示場の改装に手をつけられないですね〜」と

たまたま来ていたHさんに何気なく話していると、



「やってあげるよ」


とこの事!!!!


えっ!!!



そう言えば Hさん は

リタイアされた後、知り合いのお家の棚や収納スペースをつくられているのでした。




折しも、ジョイフルAKが江別市内、

それも とっても近くにオープンして、とびきり リーズナブルな集成材 が開店セールのチラシに‼︎



タイミングが良かったのですね。


そして、一番何とかしたかったのは、在庫作品の収納。

展示台下のスペース。



在庫作品が制作用の乾燥棚まで溢れて困っていたのを改善できた事です。



この点が改善された事で、


在庫管理がしっかりできて、
オーダー制作にも迅速に対応‼︎




という風にはいかないと思いますが

(やはり在庫切れが多く、オーダーにはサンプル制作も含めて時間が〜)

一歩づつ改善、改善!!です。


   ** 工房併設の展示場  “あゆ藤” は不定休です。
       平日はほぼ 作業場で制作していますが 
       打ち合わせや私用で外出していることもあります。

       お手数ですが 事前に確認の上ご来場お願いします
         電話 011-381-1611 
         https://www.facebook.com/tomohiro.kitagawa.102 
         https://www.instagram.com/tomohiro_kitagawa/




20170520IMG_5332 (2)_350_262


20170520IMG_5373 (2)_400_300

20170520IMG_5380 (2)_400_300



20170520IMG_5379 (3)_400_285



  1. 2017/06/25(日) 05:48:28|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ